消化器内科 診療実績

重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法

【疾患】

  1. 肝細胞がん・転移性肝がん
  2. 膵・胆管・胆嚢がん
  3. 胃・食道・大腸がん
  4. B/C型慢性肝炎・肝硬変
  5. 胆道および膵の結石
  6. 非アルコール性脂肪肝(炎)(NAFLD/NASH)

【治療方法】

  1. 肝がん・転移性肝がんラジオ波焼灼療法
  2. 胆管・膵管ステント留置術
  3. インターベンション治療と組み合わせた抗がん化学療法
  4. 消化管がん内視鏡的粘膜下層剥離術
  5. 内視鏡的乳頭バルーン拡張術
  6. 内視鏡的消化管ステント留置術
  7. 超音波ガイド下胆道・膿瘍ドレナージ

【検査方法】

  1. 腹部超音波検査・造影超音波検査
  2. Fibroscan
  3. 上・下部消化管内視鏡
  4. ダブルバルーン小腸内視鏡・カプセル内視鏡
  5. 超音波ガイド下肝腫瘍生検
  6. 超音波内視鏡・管腔内超音波
  7. 超音波内視鏡ガイド下生検・ドレナージ
  8. 内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

主疾患と入院患者数(2019年度)

疾患名 入院患者数
肝細胞がん 446人
転移性肝がん 15人
肝炎・肝硬変(うちNAFLD/NASH) 215人(68人)
胃がん・胃腺腫 218人
食道がん 106人
大腸がん・大腸腺腫 393人
小腸腫瘍・小腸出血 35人
下部消化管出血 103人
膵がん 294人
胆管がん・胆嚢がん 273人
慢性膵炎・膵石症 182人
胆道結石・胆管炎・胆嚢炎 524人

主な手術や処置の件数(2019年度)

手術・処置の名称 件数
ラジオ波焼灼療法RFA 243件
内視鏡的粘膜下層剥離術ESD(胃) 164件
内視鏡的粘膜下層剥離術ESD(食道) 97件
内視鏡的粘膜下層剥離術ESD(大腸) 204件
内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST) 126件
内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD、EPLBD) 101件
膵管・胆管に対するドレナージ術 785件
膵石に対する体外衝撃波治療(ESWL) 97件
経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD,PTGBD) 60件
化学療法(膵がん/胆道がん) 157件/63件
化学療法(胃がん・食道がん/大腸がん) 23件/101件

主な検査、特殊な検査の件数(2019年度)

検査の名称 件数
腹部超音波検査 12,495件
肝硬度測定 1,859件
超音波ガイド下肝生検 102件
上部消化管内視鏡 9,657件
下部消化管内視鏡 4,037件
小腸内視鏡 144件
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 994件
超音波内視鏡(EUS) 707件
超音波内視鏡ガイド下腫瘍穿刺(EUS-FNA) 143件

月別入院・外来患者数の年間動向(2019年度)

  入院 外来
4月 2,684(274)人 5,473(122)人
5月 2,055(207)人 4,915(119)人
6月 2,314(222)人 5,497(133)人
7月 2,413(258)人 5,453(128)人
8月 2,877(255)人 4,861(138)人
9月 2,339(228)人 5,263(157)人
10月 2,744(262)人 5,813(153)人
11月 2,724(216)人 5,206(131)人
12月 2,403(225)人 5,509(144)人
1月 2,602(285)人 5,158(133)人
2月 2,587(249)人 4,746(131)人
3月 2,754(263)人 5,186(143)人
2019年度計 30,496(2,944)人 63,080(1,632)人

延べ患者数を示す。( )内は新入院患者数あるいは新外来患者数を示す。

学会の指導医数、認定医数(2020年4月1日現在)

学会 指導医数 専門医数
日本消化器病学会 15人 67人
日本消化器内視鏡学会 9人 44人
日本肝臓学会 7人 27人

受診予約のご案内

【予約センター】10時00分~17時00分(平日)

TEL:03-5800-8630