胃・食道外科

胃・食道外科では、胃がん・食道がんの治療を中心に診療を行なっています。また、消化管GIST、消化性潰瘍、食道炎などの良性疾患の診療も行なっています。

お知らせ

    メタボリックシンドロームを伴う高度肥満に対する、内視鏡的治療、外科的治療の臨床治験を始めました。
    免疫細胞治療学講座と協力して、食道がんに対するがんワクチン、活性化自己γδT療法を開始しました。
    早期食道がんに対して、術後疼痛を軽減するため、胸腔鏡補助下手術を行っています。

概要

診療体制

外来診療は、毎日午前中に初診外来を行っています。
病棟では、各学会の専門医の資格を持つ医師がチームリーダーとなり、研修医を含めて3~4名で1チームとして、手術前から術後まで一貫して診療にあたります。加えて診療科長や副診療科長など経験豊富な医師が手術や治療方針の指導・責任者として診療します。

治療方針

内視鏡検査・消化管造影検査・CT検査・超音波検査・超音波内視鏡検査などを十分に行ない、カンファレンスにて治療方針を検討します。場合によっては、消化器内科、放射線科等との合同カンファレンス(「上部消化管キャンサーボード」と呼んでいます)で集学的な治療法についても検討をおこないます。
患者さんのQOLを重視し、また患者さん御本人の意思を尊重することを基本としています。

得意分野

胃がん・食道がん・すべての病期(早期・進行・高度進行)でそれぞれの症例に適した治療を行なっています。
手術は腹腔鏡補助下手術、縮小手術、定型的手術、拡大手術を行なっています。体に負担の少ない手術を目指しており、近年は鏡視下手術だけでなく、食道がんのロボット支援下手術も臨床研究として行っています。さらに栄養障害に対して、胃瘻、食道瘻造設を、また高度肥満に対しては内視鏡的、外科的治療を行っています。

対象疾患

基本的に全ての胃・食道疾患を対象とします。胃がん・食道がん、消化管GIST、胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、胃・十二指腸穿孔、胃・食道出血など。

先進・特殊医療

ロボット支援下食道がん手術

手術用ロボット(da Vinci)を用いた、非開胸食道がん手術を臨床研究として行っています。

胸腔鏡補助下手術(VATS)

早期食道がんに対して、術後疼痛軽減のため、胸腔鏡補助下手術(VATS)を行っております。

術前化学放射線療法

高度に進行(周囲の臓器に浸潤)している食道がん症例では、先ず化学放射線治療を行ないます。そのことによって、切除率と治療効果の向上を目指しています。

免疫療法

手術・化学療法・放射線治療の適応以外の食道がんに対して、免疫療法を開始しました。

腹腔鏡補助下手術

早期胃がんや消化管GIST、食道裂孔ヘルニアなどを、逆流性食道を対象に腹腔鏡補助下の手術を行っています。これまでの大きく開腹する手術と比較すると、患者さんの術後経過での苦痛が少なく、術後腸閉塞の問題もあまり起きません。

内視鏡・腹腔鏡合同手術

胃粘膜下腫瘍などを対象として、消化器内科と共同で内視鏡・腹腔鏡合同手術を行っています。必要最小限の範囲で胃を切除することができ、術後の食事などに悪影響が出にくいと期待されています。

腹腔鏡検査・術前化学療法

高度に進行している胃がん症例では、先ず腹腔鏡検査を行なって遠隔転移や腹膜播種が認められた場合には、手術前に化学療法を行ないます。そのことによって意味の無い開腹術(試験開腹術)が無くなります。患者さんの負担が軽減され、また切除率の向上が期待されます。

幽門保存胃切除術

一部の早期胃がんに対して行ないます。幽門輪(胃の出口)を残すことにより、残胃の食物貯留能を高めてダンピング症候群などの胃切除後症候群を予防し、また、胆汁逆流を防止します。主に腹腔鏡補助下にて手術を行っています。

胃内バルーン留置術

メタボリックシンドロームを伴う高度肥満に対して内視鏡的に胃内にバルーンを留置するという臨床試験を糖尿病代謝内科と共同して行っています。

主な検査と説明

検査は入院して短期間に集中して受けていただくことも可能です。

  • 上部消化管造影検査
    バリウムと発泡剤を内服後、X線にて病変を撮影する検査です。早期がんなどの微細な病変では空気量の調節のために経鼻カテーテルを用いて検査します。
  • 上部消化管内視鏡検査
    電子スコープを用いて、胃・食道の内腔面から病変を観察します。同時に組織診断目的に生検組織を採取します。
  • 超音波内視鏡検査
    先端に超音波プローブを装着した電子スコープを用いて内視鏡検査を行ない、病変の深達度(深さ)、リンパ節転移、周辺臓器への浸潤、腹水の有無を診断します。
  • 超音波検査
    肝転移、リンパ節転移、腹水の有無を調べます。進行がんでは原発病変そのものが観察されます。微細な病変の観察に優れ、血流の程度も観察可能です。
  • CT検査
    肝転移、リンパ節転移、腹水、進行がんでは原発病変そのものを観察します。深部病変の評価に威力を発揮します。
  • 尿素呼気試験
    胃がんや他の胃疾患との関連が注目されているヘリコバクターピロリ菌の有無を内視鏡検査や採血をすることなく、非侵襲的に行ないます。
  • PET検査
    ブドウ糖が腫瘍に集まる習性を利用した検査です。脳・腎臓以外の全身を一度に調べることができます。

科長

瀬戸 泰之(せと やすゆき)

瀬戸 泰之(せと やすゆき)

プロフィール

リンク

受診予約のご案内

【予約センター】10時00分~17時00分(平日)

TEL:03-5800-8630