感染症内科

感染症内科では、ウイルス、細菌などをはじめとする、すべての病原微生物に起因する感染症を対象としています。また内科領域を中心とした、すべての臓器にまたがる感染症を対象としています。

お知らせ

午後に感染症内科の外来枠の設定がない曜日がありますので、ご注意ください。

概要

診療体制

入院患者は、HIV感染症・AIDS、ウイルス肝炎(B型・C型肝炎)をはじめ、呼吸器感染症・肺炎、尿路感染症・腎盂腎炎など多岐にわたります。また、不明熱として入院される患者さんもおられます。さらに日本では稀な寄生虫疾患・輸入感染症の患者さんも入院されます。病棟では、豊富な知識と経験を有する指導医と研修医が共同で主治医をつとめ、感染症の診療に豊富な経験を持つ看護師と共に診療に当たっています。

治療方針

十分な問診、診察をした後、各種血液検査や胸部X線検査、さらに血液、喀痰、尿などを用いた微生物検査や抗原・抗体検査を行います。また必要があれば、他科と共同で、心エコー、腹部エコー、CT検査や気管支鏡検査、リンパ節生検などをおこない、正確に病気の診断および病原微生物の同定を行います。治療にあたってはエビデンスに基づいた的確な治療を行うよう心掛けています。

得意分野

ウイルス肝炎、HIV感染症をはじめとしたウイルス性疾患とともに、細菌などのその他微生物疾患にも豊富な経験を有しています。また、感染症以外でも発熱を主な症状とする疾患に対して対応できる知識と経験を有しています。

対象疾患

感染症内科では、ウイルス、細菌などをはじめとする、すべての病原微生物に起因する感染症を対象としています。また内科領域を中心とした、すべての臓器にまたがる感染症を対象としています。HIV感染症、ウイルス肝炎の専門家がいます。
 

  • 具体例
    HIV感染症、ウイルス肝炎(C型肝炎、B型肝炎など)、肺外結核症、感染性心内膜炎、肺炎・気管支炎などの呼吸器感染症、尿路感染症、肝膿瘍などの肝・胆道系感染症、消化器感染症、diabetic foot、伝染性単核球症、輸入感染症、寄生虫感染症、不明熱など。

先進・特殊医療

エイズ診療拠点病院

HIV感染症・エイズの専門家がおり、それらの最先端の治療を行うことができる病院として、国から認定されています。

主な検査と説明

外来

  • 微生物検査
  • 抗原・抗体検査
  • ウイルス核酸検査
  • 胸部X線検査・腹部エコー検査などの画像検査

入院

  • 腹部エコー検査
  • CT検査
  • 気管支鏡検査

科長

森屋 恭爾(もりや きょうじ)

森屋 恭爾(もりや きょうじ)

プロフィール

リンク

受診予約のご案内

【予約センター】10時00分~17時00分(平日)

TEL:03-5800-8630