医療安全対策センター

医療安全対策実施の中核である医療安全対策センターによる医療安全のための幅広い活動は、我が国における先進的取り組みとして高く評価されています。

概要

組織体制

医療安全対策センターは、ゼネラルリスクマネージャー(医師、看護師、薬剤師)、事務職員が配置されています。また、感染管理担当看護師長、企画情報運営部員、臨床工学技士、総合研修センタースタッフ、患者相談・臨床倫理センタースタッフ、臨床研究支援センタースタッフが兼任でセンターを支援しています。

組織運営

予期せぬ結果を招いた医療上のエピソードは、インシデント・アクシデントレポートとして教職員が自主的に報告を行う体制となっています。この情報に基づき、毎月のリスクマネージャー会議や分析小委員会、リスクマネジメント委員会で討議を行い、システムの問題や知識・技術の問題も含め、さまざまな観点から対策を検討しています。対策は、全職員へのeメール、HPへの掲載、ポスターなどにより周知を行っています。また、医療安全のポケットマニュアル作成、eラーニング教材の作成、病院全体の講演会実施など、職員の医療安全意識と知識・技術を高める活動を繰り返し行っています。実際に対策が実行されているか、それが有効であるかを調べるために、医療安全対策センタースタッフによる実地検証であるラウンドを毎月行っています。

センター長

山本 知孝(やまもと ともたか)

山本 知孝(やまもと ともたか)

プロフィール

受診予約のご案内

【予約センター】10時00分~17時00分(平日)

TEL:03-5800-8630