医療安全対策センター

医療安全対策実施の中核である医療安全対策センターによる医療安全のための幅広い活動は、我が国における先進的取り組みとして高く評価されています。

概要

組織体制

医療安全対策センターには、ゼネラルリスクマネージャー(医師、看護師、薬剤師)、事務職員が配置されています。また、感染管理担当看護師長、企画情報運営部員、臨床工学技士、総合研修センタースタッフ、患者相談・臨床倫理センタースタッフ、臨床研究支援センタースタッフ、手術部スタッフが兼任でセンターを支援しています。

組織運営

当院では、患者安全の確保のために改善すべき点がある場合や患者に一定程度以上の障害が生じた場合には、インシデント・アクシデントレポートとして教職員が自主的に報告するしくみがあります。医療安全対策センターは、この報告を集約すると共に、診療現場を訪問して状況を把握し、教職員からの医療安全に関する様々な相談に対応しています。こうして得られた情報を基に、分析小委員会、リスクマネジメント委員会で議論し、組織のシステム改善と重大事故の未然防止のための対策を検討しています。この対策は、各部署の医療安全の管理者が全員参加するリスクマネージャー会議で共有し、教職員に周知しています。重要な注意喚起はホームページへの掲載、全教職員へのeメール、ポスター掲示なども併用して周知徹底を図っています。対策の実施状況と実効性を現場で確認するために、医療安全対策センターラウンドを毎月行っています。また、Pocket医療安全マニュアルの作成、eラーニング教材の作成、医療安全セミナーの開催などを通して、教職員のノンテクニカルスキルの向上と安全文化の醸成に取り組んでいます。さらに、院内全死亡症例の把握と病院長への報告、監査委員会や特定機能病院間相互のピアレビューも担当しており、高難度新規医療技術評価部および未承認新規医薬品等評価部をはじめとする関係部署と密接に連携して、高度で高品質な医療を安全に提供するための活動を展開しています。

センター長

山本 知孝(やまもと ともたか)

山本 知孝(やまもと ともたか)

プロフィール

受診予約のご案内

【予約センター】10時00分~17時00分(平日)

TEL:03-5800-8630