乳腺・内分泌外科

【乳腺外科とは】
乳房の病気全般を扱います。

【内分泌外科とは】
頚部にある甲状腺および副甲状腺(上皮小体)の外科的診療をおこなっています。

お知らせ

  • 検診は実施していません。
  • 良性疾患の経過観察は実施しない方針です。当院で良性疾患と判断された患者さんについては紹介元か適切な医療機関を紹介させて頂きます。
  • 既に他院治療中あるいは経過観察中の乳がん患者さんにつきましては、引き続き現在診療中の医療機関での診療をお勧めする方針です。

概要

診療体制

診療は、外科学会認定医・専門医・指導医、乳がん学会認定医・専門医、マンモグラフィー読影認定医などの資格を持つ専門医が行っています。
病棟は、外来担当医の指導のもとに病棟専任医が管理します。手術適応などの治療方針は、専門医を含めた医局員全員のカンファランスで決めています。また化学療法は外来化学療法室で行っています。
検査は主に外来で行っています。当院では超音波検査、マンモグラフィー、穿刺細胞診、針生検、バコラ生検、ステレオガイド下マンモトーム生検、シンチグラフィーなど、乳腺や甲状腺診療に必要な検査の大部分が実施可能です。
手術は火曜日、木曜日に行っています。外来で手術日を決めます。他に病気の合併していない方なら原則として手術予定日の前日に入院をします。

治療方針

  • 複数の専門医が集まり、診療方針を討議します。これらの判断を基に患者さんとの十分な話し合いの上、最適と思われる治療方針を決定します。
  • ほとんどの場合、手術翌日から食事をして約5日から7日で退院します。

得意分野

  • 遠隔転移をおこしていない乳がんの生存率を改善する治療を得意としています。
  • 国内では数少ない甲状腺・副甲状腺手術に精通した外科医がいます。

次のような症状をお持ちの方が対象

【乳腺】

  • 乳房にしこりを触れた。
  • 乳汁分泌がある。とくに血が混じる。
  • 乳房が痛い。
  • 乳房の形がおかしい。
  • 乳首がひきつれている。
  • 乳房が赤くはれあがっている。

【甲状腺、副甲状腺】

  • 頚部が腫れている。
  • 動悸がしたり、手が振るえたり、疲れやすい。
  • 食欲があるのに体重が減る。汗をかきやすい。
  • 骨がもろいと言われた。
  • 足がしびれる。イライラする。のどが渇く。
  • 腎結石、尿管結石があると言われた。

対象疾患

乳がん、乳腺良性腫瘍、甲状腺がん、甲状良性腫瘍,甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)、副甲状腺腫瘍、副甲状腺機能亢進症、多発性内分泌腫瘍症

先進・特殊医療

乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術

乳がんの診断は採取組織が大きいとより正確な診断が可能です。当院は乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術実施に必要なバコラⓇとマンモトームⓇを有しています。

病理診断

乳腺診療にあたり、病理診断のレベルは、施設のレベルを決めるといって過言ではないほど重要と言われています。現在当院には乳腺腫瘍病理診断に精通した病理医を2人有する万全の体制をとっています。

センチネルリンパ節生検術色素RI併用法

上記のリンパ浮腫を防ぐ目的でこの数年実施される方法です。核医学検査室を有している当院はRI法の実施を原則にしています。

乳房再建術

乳房全体をとる切除術をおこなう場合、乳房再建をご希望される患者さんには十分な意見交換を行った後に、形成外科医によるティッシュエクスパンダー挿入を手術時に行っています。

化学療法

当院は外来化学療法室を有し、専任の看護師が対応にあたっています。日本の乳がん専門病院で実施しているのと同一の治療を提供しています。
たとえば、AC療法、dose dense AC療法、TC療法、classic CMF療法、パクリタキセル週1回療法、ドセタキセル療法、ハーセプチン療法などの補助化学療法を実施しています。これらの治療を適切な患者さんに適切に実施することで乳がん生存率を改善することができます。

放射線治療

当院は放射線治療機器を有しています。さらに、日本乳がん学会専門医の資格をもった放射線治療医が常勤で在籍しています。きめの細かい対応が可能です。

遺伝子診断

遺伝する特殊な乳腺や内分泌の病気に対して、患者さんの御承諾が得て遺伝子診断をおこなっています。(現在この検査は当科で治療した患者さんに限らせて頂いています。)遺伝性の病気については、患者様やご家族様が、疾患や治療について不安を感じることも多いと思われます。病気に対する正しい知識を持ち、将来に向けて適切な意思決定が可能になるよう、遺伝カウンセリングを受けていただける体制を整えております。

Oncotype DX

実施可能です。

ラジオガイドナビゲーション手術

病変の部位が不確かな副甲状腺腫に対し、シンチグラムガイド下ナビゲーション手術を行っています。これにより、短時間で確実な腺腫摘出が可能となります。

主な検査と説明

乳腺疾患

  • 【マンモグラフィー】
    乳房のレントゲン検査です。乳房内しこりのレントゲン像や早期乳がんに伴う小さい石灰化があれば、みつけることができます。乳房を圧迫して接線方向に撮影するために、被爆量は少ないです。
  • 【乳房超音波検査】
    超音波により乳房内の数mmの微細病変の診断を可能にしております。無侵襲に乳腺のしこりの血流を画面上にカラー信号として映し出せます。また最近は硬度も計測できるようになりました。それにより、乳がんの診断をより確かなものにしております。
  • 【乳管造影】
    乳首から乳汁が異常に分泌される方では、レントゲン下で異常のある乳管に造影剤を入れて診断します。
  • 【乳腺造影MRI】
    乳がんの広がり診断や、マンモグラフィーや超音波では見つけにくい病変を見つけるのに有用です。喘息などの禁忌のない方には積極的に実施をお勧めしています。
  • 【穿刺細胞診】
    乳腺病変を採血用の細い針で穿刺して診断する方法です。簡便で侵襲が少なく、有効な検査方法です。
  • 【針生検術】
    乳腺病変を病理学的に診断する生検法です。局所麻酔を使います。良性悪性の診断には欠かせない検査です。
  • 【乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術】
    乳腺病変を質的に診断する生検法です。針生検よりもより多くの検体が採取できます。エコーガイド下、ステレオガイド下生検を実施しています。
  • 【CT・骨シンチ】
    遠隔転移の診断に有用です。

甲状腺、副甲状腺

  • 【超音波検査】
    頚部の病変部を体の表面から調べます。 無侵襲に甲状腺、副甲状腺の大きさや、腫瘍病変の位置や大きさ、性状を調べることが出来ます。症状にもよりますが、5~10分程度で終わります。
  • 【CT検査】
    頚部の病変部をレントゲンで断層写真にして調べます。 甲状腺と周囲臓器の位置関係を詳細に調べることで、より安全に手術が行えるようになります。
    また、術後の転移・再発を診断する目的でも行うことがあります。
  • 【シンチグラフィー】
    特殊な検査薬が病変部に集まることを利用した検査です。 甲状腺、副甲状腺などの機能、位置などがわかります。
  • 【穿刺吸引細胞診】
    超音波検査で病変を観察しながら、甲状腺に細い針を刺して細胞を採り,顕微鏡で検査します。病変の性状を診断することができます。
  • 【血液および尿検査】
    甲状腺や副甲状腺ホルモンや抗体などを測定します。副甲状腺疾患では、血液中のカルシウム値を測定します。

科長

田辺 真彦(たなべ まさひこ)

田辺 真彦(たなべ まさひこ)

プロフィール

リンク

受診予約のご案内

【予約センター】10時00分~17時00分(平日)

TEL:03-5800-8630