研究紹介

  1. HOME
  2. 患者様へのお知らせ
  3. 東京大学医学部附属病院脳神経外科にて脊髄髄内腫瘍で手術治療を受けた方およびそのご家族の方へ

患者様へのお知らせ


患者の皆さまへ 手術情報の登録について

東京大学医学部附属病院脳神経外科にて
脊髄髄内腫瘍で手術治療を受けた方およびそのご家族の方へ

当院では「脊髄髄内腫瘍の治療成績と予後改善因子の解明」の研究に参加しております。この研究は稀少疾患である脊髄髄内腫瘍の治療成績と予後改善因子の解明のために多施設で行われる全国多施設の共同研究です。日本脊髄外科学会が中心となって行います。2009年4月から2020年3月に当院で脊髄腫瘍摘出術を受け、脊髄髄内腫瘍と診断された方が対象です。
この研究の対象者に該当する可能性がある方で、
〇診療情報等を研究目的に利用または提出されることを希望されない場合
〇研究への協力を希望されない場合、あるいは協力を途中でおやめになりたい場合
は2021年9月30日までに末尾に記載の問い合わせ先までご連絡ください。

【研究課題】

脊髄髄内腫瘍の治療成績と予後改善因子の解明 (審査番号 2021118NI)

【研究機関名及び本学の研究責任者氏名】

この研究が行われる研究機関と研究責任者は次に示すとおりです。
研究機関 東京大学医学部附属病院脳神経外科
 研究責任者 齊藤延人・脳神経外科・教授
担当業務  データ収集・匿名化・データ送付

【共同研究機関】

主任研究機関 東北大学大学院 医学系研究科 神経外科学分野
研究責任者 遠藤俊毅・准教授
担当業務  研究の統括、データの収集・管理・解析
研究機関   別途添付資料参照

この研究に利用する試料・情報は共同研究機関(及び委託機関)の範囲のみで利用されます。

【研究期間】

 2021年7月21日〜2023年3月31日

【対象となる方】

2009年4月1日〜2020年3月31日の間に当院脳神経外科で脊髄髄内腫瘍と診断された方。

【研究の意義】

脊髄髄内腫瘍は、治療リスクが不明です。そこで本研究では、本疾患の予後規定因子を確立し、最適な治療方法の確立を目的とします。

【研究の目的】

脊髄髄内腫瘍は治療方法が確立しておらず予後不良です。そこで、本研究では、東北大学病院をはじめとする全国多施設の症例治療経験を集約し、稀少疾患である脊髄髄内腫瘍の治療成績と予後改善因子の解明を目的とします。

【研究の方法】

 本研究は、日本脊髄外科学会公認の多施設共同研究です。脊髄髄内腫瘍症例について共同研究機関からデータを収集し統計解析を行います。研究に用いる情報の種類としては、年齢・性別・合併症(既往歴)・内服薬・発症形式・発症年月日・初診年月日・初診時神経学的所見・画像所見・入院年月日・手術年月日・手術所見・治療内容・入院時臨床経過・退院年月日・退院時所見・外来経過・最終予後 等があります。
主任研究機関である東北大学大学院へのデータの提供は、特定の関係者以外がアクセス
できない状態で行います。対応表は、当院の研究責任者が保管・管理します。

この研究は、東京大学医学部倫理委員会および東北大学大学院医学系研究科倫理委員会」の承認を受け、東京大学医学部附属病院長の許可を受けて実施するものです。
これまでの診療でカルテに記録されている上記データを収集して行う研究です。特に患者さんに新たにご負担いただくことはありません。

この研究は多施設共同研究で、東京大学医学部附属病院から上記情報・データを主任研究機関である東北大学大学院に提供されます。郵送又は宅配で送付予定です。多施設から収集されたデータに基づき、主任研究機関にて解析がなされます。

【個人情報の保護】

 この研究に関わって収集される試料や情報・データ等は、外部に漏えいすることのないよう、慎重に取り扱う必要があります。

収集した情報・データ等は、東北大学大学院に送られ解析・保存されますが、送付前に氏名・住所・生年月日等の個人情報を削り、代わりに新しく符号をつけ、どなたのものか分からないようにします(このことを匿名化といいます)。匿名化した上で、東京大学脳神経外科医局212号室内の施錠可能な保管庫で厳重に保管します。ただし、必要な場合には、当研究室においてこの符号を元の氏名等に戻す操作を行うこともできます。

この研究のためにご自分(あるいはご家族)のデータを使用してほしくない場合は主治医にお伝えいただくか、下記の問い合わせ先に2021年9月30日までにご連絡ください。研究に参加いただけない場合でも、将来にわたって不利益が生じることはありません。
ご連絡をいただかなかった場合、ご了承いただいたものとさせていただきます。

研究の成果は、あなたの氏名等の個人情報が明らかにならないようにした上で、学会発表や学術雑誌、国内及び海外のデータベース等で公表します。
収集したデータは厳重な管理のもと、研究終了後5年間保存されます。保管期間終了後には、復帰できない状態にしてデータを廃棄します。なお研究データを統計データとしてまとめたものについてはお問い合わせがあれば開示いたしますので下記までご連絡ください。

本研究に関して、開示すべき利益相反関係はありません。
尚、あなたへの謝金はございません。

この研究について、わからないことや聞きたいこと、何か心配なことがありましたら、お気軽に下記の連絡先までお問い合わせください。

2021年8月5日

【問い合わせ先】

連絡担当者:高見浩数
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 脳神経外科
電話:03- 5800-8853(内線 33345)  FAX:03-5800-8655

Page Top