呼吸機能検査

呼吸機能検査

肺の膨らんだときの大きさ(肺活量)や空気の通り道(気道)の状態を調べる検査です。
検査時間は検査の種類により異なります(10分~30分程度)。
この検査で、ぜんそく・COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの診断や、術前術後の肺機能の評価などを行います。

注意事項

正確に検査をするためには、ご本人の努力とご協力が大切です。
大きく深呼吸や勢いよく息を吐き出すことを掛け声に合わせてしていただくことが必要です。

睡眠時無呼吸検査

自宅に機器を持ち帰り、一晩、睡眠中の呼吸状態をモニターする検査です。

注意事項

  • 予約当日(機器を持ち帰る日)は予約時間までに生理検査受付㉔にお越しください。
  • モニターの装着方法と機器の使用方法を説明します(約30分)。
  • 翌営業日の8:30から10:00までに必ず呼吸機能検査室へ機器の返却をお願いいたします。

SpO2モニター検査

指先にセンサーを付けて、24時間体の中の酸素飽和度を測る検査です。

注意事項

  • 息切れがあった時、睡眠時間等の行動を記録してください。
  • 予約当日は予約時間までに生理検査受付㉔にお越しください。
  • 指先にセンサーを付け、ウエストにモニター本体を装着いたします(約15分)。
  • 翌営業日の13:00~14:00に呼吸機能検査室にお越しください。
  • 測定機器を装着している間は、入浴・シャワーはできません。