脳神経外科研修

  1. HOME
  2. 脳神経外科研修

脳神経外科研修

臨床研修・夏期実習希望者連絡先

東大脳神経外科 医局長(人事部員)
田中將太 宛
Mail:todainouge-ikyoku@umin.ac.jp

卒後教育プログラム

東京大学医学部附属病院脳神経外科では、多くの関連病院との協力により、時代の流れを先取りした脳神経外科専門医教育プログラムを推進しています。現在の日本脳神経外科学会専門医制度では、卒後6年が経過した段階で、脳神経外科全般にわたる広い知識と経験が問われる専門医試験を受験することが推奨されています。東京大学脳神経外科では、脳神経外科全般にわたる知識と技能の取得から、特殊性の高い専門分野強化にわたり、一貫した教育プログラムのもとに後期臨床研修を行っています。

初期臨床研修プログラム

当教室では、毎年東大より4-5名、他大学出身者を4-6名研修医として受け入れています。
脳神経外科の初期研修は2年目に8ヶ月まで可能です。
脳神経外科研修希望者は、できるだけ早い時期に上記アドレスまで研修希望をご連絡ください。

後期臨床研修プログラム

卒後3年目からの後期臨床研修プログラムのホームページを作成しました。
具体的な研修プログラム内容、関連施設などを詳しく解説しています。
大学をはじめ、豊富な症例数を誇る関連施設との連携で教育を行うのが特色です。

夏期実習について

脳神経外科教室では他大学医学部学生(5年、6年生)を対象に毎年夏休みの病棟実習を行っています。
毎年4-8人程度の実習希望をお受けしています。
夏期実習希望者は、上記アドレスまで夏期実習希望をご連絡ください。

学生実習について

卒業教育では、当教室はM2の系統講義、M3・M4の臨床講義とベッドサイド教育を担当している。今年度の系統講義は脳外科疾患全般について行った。臨床講義では各疾患の基本とともに最近の動向をとりあげた。ベッドサイド教育では学生に病棟・手術室実習を通して臨床について学ばせるとともに、セミナーを多く設けて出来る限りインターアクティブに実地に必要な知識を習得させるよう配慮した。実習の効率を上げるよう、ポイント集・問題集などの教材を充実し、一方ではより実際の臨床に近づくようカンファランスでの発表や患者説明への参加などの経験を積めるよう配慮した。またクリニカルクラークシップでは各回2-3名の学生を対象に、より臨床に近いづくための実地に則した教育を行っている。卒後教育では、研修協力施設と協力して脳神経外科医としてのトレーニングを行った。研修医にはできる限り日本脳神経外科学会関東地方会で症例を発表させるよう配慮するとともに、当教室の主催する各種カンファランスにおいて発表の機会を与えている。

Bed side learning風景

脳神経外科eラーニング講座(学生専用・要パスワード)

Page Top