受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > トランスレーショナルリサーチセンター

前のページへ戻る

トランスレーショナルリサーチセンター

トランスレーショナルリサーチセンター センター長 黒川峰夫

 

医療につながる基礎研究成果を臨床に実用化させる橋渡し研究=トランスレーショナルリサーチ(TR)が、戦略的重点科学技術として推進されており、平成18年度に本院にもTRセンター(英語表記:Translational Research Center)が発足致しました。

本院では世界最先端の研究活動が活発に行われており、TRのシーズが豊富に存在します。学内のTRネットワークを形成し、部局毎に蓄積された基礎研究の成果を統合的かつ迅速に臨床研究に橋渡しするためには、TRを強力に推進支援する拠点形成が不可欠です。本センターでは本院が基礎探索研究からTR・臨床研究、さらには治験までの一貫した世界最高水準の拠点を構築することを目指しています。

組織紹介

トランスレーショナルリサーチセンターの業務について
本センターの本格的活動は平成19年度からですが、疾患の病態、診断、治療の研究を本院で実用化するための支援をいたします。また、他部局、学外機関、産業界とも連携して、シーズの掘り起こし、ニーズとシーズのマッチング、人材育成、インフラ整備、知財管理などの推進も重要なミッションです。さらに、TRのプロトコール作成支援、臨床試験物製造と品質管理の支援、安全性評価、TR教育、臨床研究者に対する情報提供、学内外への情報発信などを行っています。

すでに、本院が中心となって申請した文部科学省によるプロジェクト、先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム「システム疾患生命科学による先端医療技術開発」及び橋渡し研究加速ネットワークプログラム「先端医療の開発を加速する支援拠点形成と実践」や、先端医療開発特区が開始されました。本センターでは、このようなTRに関連する大型プロジェクトの獲得と研究支援も行います。

スタッフ
センター長 : 黒川 峰夫 (血液・腫瘍内科 教授)
センター員 : 鈴木 友人 (特任講師)
センター員 : 西澤 悟 (特任助教)
センター員 : 杉山 延歳 (特任専門員)
センター員 : 小林 智子 (特任専門職員)
センター員 : 福井 里江 (学術支援職員)

沿革
平成18年 1月 トランスレーショナルリサーチセンター設置

リンク

受診・お見舞いトップに戻る