受診・お見舞い

薬剤部

薬剤部 部長 鈴木洋史

 

 

お知らせ

薬剤部では、病院の使命をふまえ、社会の変革、医療の進歩に伴い、患者本位のチーム医療に貢献すべく、多様化したニーズに応える質の高い薬剤業務の展開をめざす。

概要

診療体制
内服薬および注射薬の調剤を主に行ない、全病棟を対象にIVHの調製、抗癌剤の調製を行っている。また、重症度の高い病棟では、医薬品調製・薬品管理・服薬指導等を行っている。外来化学療法への参加も行っている。

診療方針
医薬品の適正使用のために、チーム医療の一員として実績を積み、薬剤部の各部門が有機的に連携をとり、多様化する業務を幅広くカバーしたい。さらに、薬剤師の専門的視点でリスクマネジメントへ貢献したい。

得意分野
・ 医薬品の血中濃度測定と解析、処方設計
・ 薬物動態、薬効関連遺伝子多型の解析と処方設計への反映
・ 定量的動態解析に基づく、臨床上の薬物間相互作用の予測
・ 市販されていない製剤の開発・調製

先進・特殊医療

● 薬物動態、薬効関連遺伝子多型の解析
● 美容外科・形成外科で使用する軟膏剤の開発
● 在宅IVH療法の支援

主な検査と説明

● 医薬品の血中濃度測定と動態解析、処方設計
● 遺伝子多型の解析と処方設計への反映

受診・お見舞いトップに戻る