受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > アレルギー・リウマチ内科

前のページへ戻る

アレルギー・リウマチ内科

アレルギー・リウマチ内科 科長 藤尾圭志

 

気管支喘息を始めとした各種アレルギー性疾患と、関節リウマチなど各種膠原病を含むリウマチ性疾患の二つの領域を診療しています。これら二つの分野は「免疫の過剰」という異常で似通っており、免疫システムの異常をできる限り解明するとともにその調節機構を応用して臨床に役立てることを目指しています。

お知らせ

アレルギーリウマチ内科を受診される方は、病状の経過だけでなく、今までの処方薬の使用時期・効果・副作用を整理しておかれることをお勧めします。初診の際には、待ち時間と問診、診察、検査を含めた合計所要時間が長くかかることがありえますので、あらかじめ時間に余裕を持って予約来院をお願いいたします。

概要

診療体制
【外来】
平日は毎日、アレルギー担当とリウマチ担当の計4~5名の医師が診療に当たっています。初診の方は随時受け付けています。

【病棟】
30名近くの患者さんが入院しています。3名の医師が1チームとなって各患者さんの担当医になります。毎週、全ての入院患者さんの経過をアレルギーリウマチ内科全体の検討会にて討議し、治療方針を決定しています。

治療方針
アレルギー性疾患・リウマチ性疾患は、どちらも経過の長い疾患が多いので、治療方針を決めるに当たっては、なるべく社会生活に支障を来さないように配慮しています。病気の悪化の兆候があった場合には、早期に見極めて適切な治療内容で対応するようにしています。疾患の頻度が稀であったり、患者さんにより個別の治療内容・ケアが必要となることも多く、臨床現場での情報と、今までの報告論文に基づく情報を総合的に判断して治療方針を決定します。

得意分野
アレルギーリウマチ疾患および、それに関連した、呼吸器系(肺腫瘍を除く)・腎臓・皮膚・骨関節等の様々な異常を扱います。全身の臓器が障害されることが多く、また長期にわたる慢性疾患が多いため、 患者さんの全身各所を診るとともに、個々の患者さんの日常生活の可能状況も見極めながら全人的診療を行うという内科の基本姿勢を心がけています。

対象疾患

アレルギー性疾患
気管支喘息、好酸球性疾患など

リウマチ性疾患
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎・多発筋炎、結節性多発動脈炎、混合性結合組織病、ANCA関連血管炎、ベーチェット病など

外来担当一覧

主な検査と説明

気管支鏡検査
腎生検
関節エコー検査
など

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 関節リウマチ
2. 全身性エリテマトーデス
3. 炎症性筋炎(多発性筋炎、皮膚筋炎)
4. 全身性強皮症
5. 血管炎症候群
6. シェーグレン症候群
7. 抗リン脂質抗体症候群
8. IgG4関連疾患
9. ベーチェット病
10. 自己炎症症候群

【治療方法】
1. 生物学的製剤
2. ステロイド
3. 免疫抑制剤
4. 血漿交換療法
5. γグロブリン大量療法

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と入院・外来別患者数(平成27年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成27年度)

診療科で行った主な検査、特殊な検査の件数(平成25年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成28年度)

学会の指導医数、専門医数(平成26年10月1日現在)

研修内容

研修医1年目
平成16年度より、研修必修化・スーパーローテートが開始され、そのプログラムに従い研修指導が行われます。1、2ヶ月の短期間ですが、全身疾患である、アレルギー・リウマチ性疾患を診ることにより、患者さんをトータルで評価する姿勢が養われます。

研修医2年目
2年目の研修医は、原則的に当科病棟研修医として、アレルギー、リウマチ性疾患についての、より専門的な指導を受けることになります。また当科の疾患の特徴として全身に病態が及ぶため、内科全般にわたる経験を積むことも可能です。希望があれば、関節エコー検査や研究、学会発表、論文執筆についても指導を受けることができます。2か月以上の研修期間が望ましいです。

その他

症例検討会
毎週月曜日の午後から当科の全入院症例および、他科からのコンサルト症例に対しての症例検討会を行っております。また、木曜日の夕方には、アレルギー呼吸器グループの肺カンファ、腎グループの腎カンファにて専門的見地からの症例検討会を行っております。

回診
週一回の教授回診(火曜日)や、グループ毎の回診を行っております。

勉強会
各研究室毎に抄読会などを行っております。

リンク

受診・お見舞いトップに戻る