受診・お見舞い

検査部

検査部 部長 矢冨裕

 

 

お知らせ

(i) ISO15189認定検査室としての東京大学医学部附属病院検査部

東京大学医学部附属病院検査部は,2007年1月19日付けで, ISO 15189「臨床検査室-品質と能力に関する特定要求事項」 の認定を受けました(※詳細はこちら).私どもは,本規格の品質マネジメントシステムにより,臨床検査室としてのさらなる質の向上を目指すとともに,臨床検査のグローバルな標準化や検査データの共有化に寄与したいと考えております.


(ii) 患者さんへ

・ 検査の説明等は,下記「検査」をご参照下さい.
  検査
・ 血液検査の基準値(正常値)は現在検査部で使用しているものです.
 この基準値は他施設とは異なることがあります.
 また,予告なく変更することがあります.
  血液検査の基準値(正常値)

概要

東京大学医学部附属病院検査部は中央診療施設の一つとして,「奉仕・協調・前進」のスローガンのもと,臨床検査に関する業務・教育・研究 を行っています.また,東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻病態診断医学講座臨床病態検査医学分野と一体となり,臨床検査に関する教育・研究を行っています.これらの活動を通じて,明日の臨床検査を担う人材の育成を目指したいと考えております.

組織紹介

(1) 検査第一部門
    採血
    システム
    検査インフォメーション

(2) 検査第二部門
    臨床化学
    微量物質分析
    免疫検査
    緊急検査
    外注検査
    洗浄室
    精度管理

(3) 検査第三部門
    一般検査・形態
    一般検査・化学
    検査情報処理
    遺伝子検査
    血球検査・形態
    血栓止血検査
    血糖検査
    細胞免疫

(4) 検査第四部門
    心電図検査
    心臓超音波検査
    腹部超音波検査
    呼吸機能検査
    脳波・筋電図検査
    感覚機能検査

(5) 病棟検査部門
    病棟検査
    病棟検査情報処理

その他

検査部の沿革
1960年
 中央X線診断室が診療部(中央)に包括
1963年
 運動療法室が新設
1964年
 中央放射線部が独立
1970年
 リハビリテ-ション部として、診療部から理学療法部門が分離
1970年
 患者検査は中央検査部第2部に、検体検査は中央検査部第1部と改組
1975年
 病理組織検査室が、病院病理部として分離独立
1987年 年末
 新中央診療棟の新築により,検体部門が新棟に移転
1988年
 病院科長会 検査部運営委員会を設置
1988年
 検査部の組織・機構が改定、新しい運営規定が設定承認
 検体管理部門、緊急検査室、微量物質分析室が設置
 各科共通の外部委託検査窓口業務を担当
1989年 3月
 時間外および休祝日検査態勢を試行開始
1989年 6月
 宿日直業務開始
1993年
 検体自動搬送検査システムが構築稼働
1993年 10月
 外来系患者の採血は、主として検査技師と看護婦で行う
1994年
 遺伝子検査室が開設
1994年 7月
 新外来棟で、外来診療開始
1996年 1月
 生理部門の内で循環器・呼吸器系検査室が、移設
 生理部門の受付(24番)を新設
1996年 4月
 医療職(二)の技術系職員の統合
1996年
 内視鏡検査室が光学医療診療部として正式に独立
1999年 4月
 緊急検査に輸血関連業務を加えた宿日直業務を開始
 検査第二部門(臨床化学・緊急検査・免疫検査・微量物質分析)
 検査第三部門(血液検査・血球・凝固線溶)
 検査第四部門(一般細菌・抗酸菌・真菌)
 検査第五部門(心電図・超音波・脳波・筋電図・呼吸機能・フォトセンター)
1999年 10月
 第2世代の総合検体検査搬送システムが本格稼動
2000年 4月
 細菌検査室が感染制御部へ移行
2001年 4月
 本院と分院の統合(組織上)
2001年 9月
 本院と分院の実質統合
2001年 10月
 エアシューター始動
2002年 10月
 腹部超音波検査の開始
2002年 12月
 病棟検査部門の開設
2003年 7月 
 病棟採血管システム稼動開始
 検査部による病棟の採血・採尿管準備と配信サービスも始まる
2005年 4月
 検査部創立50周年
2005年 10月
 検査部創立50周年記念式典を開催(学士会館にて)
2006年 5月
 検査部の組織規定が改定
 検査第一部門(採血・システム・検査インフォメーション)
 検査第二部門(緊急検査・臨床化学・微量物質分析・免疫検査
        ・外注検査・洗浄室)
 検査第三部門(一般検査・形態・一般検査・化学・遺伝子検査
        ・血球検査・形態・血栓止血検査・血糖検査)
 検査第四部門(心電図・心臓超音波・腹部超音波・呼吸機能・
        脳波・筋電図・感覚機能検査・フォトセンター)
 病棟検査部門
2006年 8月
 個別薬物療法支援のための薬剤感受性遺伝子多型検査を開始
2006年 10月
 「ハイメディック・東大病院」検診事業の検体検査の受託開始
2006年 11月
 検査部生理検査室が旧中央診療棟から新中央診療棟2に移転
2007年 1月
 検体検査部門がISO15189認定を取得
2007年 4月
 Vascular Board運営委員会が正式に発足
 検査部でのVascular Board支援のための血管関連検査が飛躍的に充実
 採血室の改築工事.外来採血待ち時間の短縮化
2007年 6月
 東大病院検診部における検診事業の検体検査・生理検査の受託開始
2008年 1月
 検体検査部門のISO 15189サーベイランスが承認
 さらに、感染制御部・輸血部の拡大認定も承認

実績等
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

実績(2010-2012年度) 

学会の認定技師数(平成25年11月1日現在)

学会の指導医数、認定医数(平成25年11月1日現在)

リンク

受診・お見舞いトップに戻る