受診・お見舞い

眼科

眼科 科長 相原一

 

一般外来と疾患別専門外来があります。一般外来ではあらゆる眼疾患の診断・治療(手術)を一貫して行っています。より専門的な経過観察が必要な場合は専門外来(疾患別)で診察を行います。白内障手術も数多く手掛けております。また、角膜疾患、緑内障や網膜疾患のある白内障の手術治療については専門のスタッフが対応します。
角膜移植部では角膜疾患による視力低下眼への角膜移植を行っています。

おしらせ

医学部附属病院眼科は特殊な眼疾患や重い全身合併症のある方を主な診療対象としております。当科では重度の眼疾患の方に対して適切な診療を行うため、軽度の眼疾患の方で治癒、軽快、または適切な眼科診療により治療可能と思われる場合は、適切な医療機関をご紹介させていただいておりますのでご了承ください。

当科を初めて受診される方へ
これまで他の医療施設で治療を受けられている方は、必ず紹介状をご持参ください。
一般外来の診察は担当医制になっておりますのでご了承ください。

再来受診の予約変更について
一般外来の予約変更をご希望の方は東大病院予約センターへお電話ください。
専門外来の予約変更をご希望の方は専門外来の診療日に眼科外来へお電話ください。
検査予約(一般外来)の変更は担当医へご連絡ください。
1年以上受診がない場合は初診扱いになりますのでご注意ください。

概要

得意分野
※外来名をクリックすると詳細をご覧いただけます。

網膜外来: 網脈絡膜変性疾患、網膜色素変性症
糖尿病外来: レーザー治療、手術治療
黄斑外来: 加齢黄斑変性
神経外来: 視神経疾患(特発性視神経炎、虚血性視神経炎等)、眼球運動障害(甲状腺ミオパチー、重症筋無力症、眼筋麻痺等)
涙道外来: 鼻涙管閉塞の内視鏡下治療(シリコーンチューブ留置)、鼻涙管吻合術
緑内障外来: 薬物、手術治療
斜視外来: 手術治療
ロービジョン外来
ぶどう膜外来
角膜外来: 角膜移植、ドライアイ、円錐角膜、角膜変性症、角膜感染症、水疱性角膜症、難治性眼表面疾患など

白内障、網膜剥離については一般外来で専門のスタッフが対応します。

対象疾患

・ 視力が落ちた(霧の中で見ているようである)
・ ゴミが飛んでみえる(どんどん増えている)
・ 眼圧が高い
・ 視野が狭い(視野のある部分が見えにくい)
・ 視神経乳頭に異常があると言われたことがある
・ 色が違って見える
・ 夜暗い所で見づらい
・ 物がゆがんで見える
・ 黒目の位置が、外や内側あるいは上下にずれている。
・ 視線が定まらない。焦点が合ってないように感じる時がある。
・ 両目で見た時に、物が二つにだぶって見える。
・ 遠近感・立体感がとりにくい
・ 乳幼児・学童で、片目をつぶって見る・首を傾げて見る等、見方に極端な癖がある
・ 近視、遠視、乱視などの屈折異常で悩んでいる

外来担当一覧

先進・特殊医療

羊膜移植
難治性眼表面疾患に対して羊膜移植を行います。

遺伝子学的診断
ぶどう膜炎の原因を検体からPCR法で調べます。

内視鏡下涙道ブジー
内視鏡を用いて涙道の中を観察しながら閉塞部位を開通させます。

主な検査と説明

● 視力検査
どこまで小さい物が見えるか調べます。

● 屈折検査
遠視・近視・乱視がどの程度あるかを調べます。

● 細隙灯顕微鏡検査
前眼部、中間透光体や眼底を拡大して状態を調べます。

● 眼圧検査
眼の圧力を測定します。

● 精密眼底検査
眼底を詳細に調べます。場合によっては圧迫することもあります。

● 眼位検査
斜視があるかないか、またある場合はどの程度ずれているかを調べます。

● 眼球運動検査
目の上下左右斜め各方向への動きと、両目のバランスを調べます。

● 視野検査
左右それぞれの目の見える範囲を測定します。

● 両眼視機能検査
両目をバランスよく使えているかどうかを調べます。

● 電気生理学的検査
目の奥に光をあてて、網膜の機能をみる検査です。

● 蛍光眼底造影
造影剤を用いて眼の奥の血管異常を検出する検査です。

● 角膜形状解析
コンピューターによる角膜の形の診断を行います。

● 視神経形状解析
コンピューターによる角膜の形の診断を行います。

● 血流検査
超音波やレーザー技術を応用した機器で眼血流を測定します。

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 輪部機能不全
2. 水疱性角膜症
3. 加齢黄斑変性
4. 緑内障
5. 糖尿病網膜症
6. ぶどう膜炎
7. 眼内リンパ腫
8. 鼻涙管閉塞
9. 白内障
10. マイボーム腺機能不全

【治療方法】
1. 培養輪部上皮移植術(再生医療)
2. 培養口腔粘膜上皮移植術(再生医療)
3. 角膜内皮移植術
4. 羊膜移植
5. 増殖網膜硝子体手術
6. 網膜再建術
7. コラーゲンクロスリンキング
8. パターンレーザーによる網膜光凝固術
9. 線維柱帯切開術
10. 眼内リンパ腫に対する強化化学療法

【検査方法】
1. Multiplex PCRによる眼感染症診断
2. スペクトラルドメインOCTによる緑内障早期診断
3. スペクトラルドメインOCTによる黄斑疾患診断
4. 超広角眼底撮影
5. 前眼部3次元画像解析
6. マイボーム腺機能検査
7. 波面収差解析
8. 眼組織液の細胞診・サイトカイン濃度測定による眼内リンパ腫診断

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成27年度)

学会の指導医数、専門医数(平成28年7月1日現在)

研修内容

研修医1年目
眼科専門医がマンツーマンで指導する。1年終了時には内眼手術(白内障)の習得ができるよう指導する。学会発表や論文作成ができるよう指導する。

研修医2年目など
眼科専門医の指導のもと、病棟と外来の患者の診察を行う。

その他

研究会
年間4~5回日本眼科学会認定の研究会(茶話会,TOC)を行っている。

勉強会
医局員全員が参加するクリニカルカンファレンスを毎週行っている。
各研究グループで月1~2回のミーティングを行っている。

業績
2013年は欧文原著71篇、欧文著書2篇、和文原著38篇、和文著書70篇

教室年報など
同窓会回報として同窓会の会員のみに配布している。

リンク

受診・お見舞いトップに戻る