受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 乳腺・内分泌外科

前のページへ戻る

乳腺・内分泌外科

乳腺内分泌外科 科長 多田敬一郎

 

【乳腺外科とは】
乳房の病気全般を扱います。

【内分泌外科とは】
頚部にある甲状腺および副甲状腺(上皮小体)の外科的診療をおこなっています。

お知らせ

・ 検診は実施していません。
・ 良性疾患の経過観察は実施しない方針です。当院で良性疾患と判断された患者さんについては紹介元か適切な医療機関を紹介させて頂きます。
・ 既に他院治療中あるいは経過観察中の乳癌患者さんにつきましては、引き続き現在診療中の医療機関での診療をお勧めする方針です。

概要

診療体制
診療は、外科学会認定医・専門医・指導医、乳癌学会認定医・専門医、マンモグラフィー読影認定医などの資格を持つ専門医が行っています。
病棟は、外来担当医の指導のもとに病棟専任医が管理します。手術適応等の治療方針は、専門医を含めた医局員全員のカンファランスで決めています。また化学療法は外来化学療法室で行っています。
検査は主に外来で行っています。当院では超音波検査、マンモグラフィー、穿刺細胞診、針生検、バコラ生検、ステレオガイド下マンモトーム生検、シンチグラフィーなど、乳腺や甲状腺診療に必要な検査の大部分が実施可能です。
手術は火曜日、木曜日に行っています。外来で手術日を決めます。他に病気の合併していない方なら原則として手術予定日の前日に入院をします。

治療方針
・ 複数の専門医が集まり、診療方針を討議します。これらの判断を基に患者さんとの十分な話し合いの上、最適と思われる治療方針を決定します。
・ ほとんどの場合、手術翌日から食事をして約5日から7日で退院します。

得意分野
・ 遠隔転移をおこしていない乳癌の生存率を改善する治療を得意としています。
・ 国内では数少ない甲状腺・副甲状腺手術に精通した外科医がいます。

次のような症状をお持ちの方が対象
【乳腺】
・ 乳房にしこりを触れた。
・ 乳汁分泌がある。とくに血が混じる。
・ 乳房が痛い。
・ 乳房の形がおかしい。
・ 乳首がひきつれている。
・ 乳房が赤くはれあがっている。

【甲状腺、副甲状腺】
・ 頚部が腫れている。
・ 動悸がしたり、手が振るえたり、疲れやすい。
・ 食欲があるのに体重が減る。汗をかきやすい。
・ 骨がもろいと言われた。
・ 足がしびれる。イライラする。のどが渇く。
・ 腎結石、尿管結石があると言われた。

対象疾患

乳癌、乳腺良性腫瘍、甲状腺癌、甲状良性腫瘍,甲状腺機能亢進症(バセドウ病など),副甲状腺腫瘍、副甲状腺機能亢進症、多発性内分泌腫瘍症

外来担当一覧

主な検査と説明

乳腺疾患
【マンモグラフィー】
乳房のレントゲン検査です。乳房内しこりのレントゲン像や早期乳癌に伴う小さい石灰化があれば、みつけることができます。乳房を圧迫して接線方向に撮影するために、被爆量は少ないです。

【乳房超音波検査】
超音波により乳房内の数mmの微細病変の診断を可能にしております。無侵襲に乳腺のしこりの血流を画面上にカラー信号として映し出せます。また最近は硬度も計測できるようになりました。それにより、乳癌の診断をより確かなものにしております。

【乳管造影】
乳首から乳汁が異常に分泌される方では、レントゲン下で異常のある乳管に造影剤を入れて診断します。

【乳腺造影MRI】
乳癌の広がり診断や、マンモグラフィーや超音波では見つけにくい病変を見つけるのに有用です。喘息等の禁忌のない方には積極的に実施をお勧めしています。

【穿刺細胞診】
乳腺病変を採血用の細い針で穿刺して診断する方法です。簡便で侵襲が少なく、有効な検査方法です。

【針生検術】
乳腺病変を病理学的に診断する生検法です。局所麻酔を使います。良性悪性の診断には欠かせない検査です。

【乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術】
乳腺病変を質的に診断する生検法です。針生検よりもより多くの検体が採取できます。エコーガイド下、ステレオガイド下生検を実施しています。

【CT・骨シンチ】
遠隔転移の診断に有用です。

甲状腺、副甲状腺
【超音波検査】
頚部の病変部を体の表面から調べます。 無侵襲に甲状腺、副甲状腺の大きさや、腫瘍病変の位置や大きさ、性状を調べることが出来ます。症状にもよりますが、5~10分程度で終わります。

【CT検査】
頚部の病変部をレントゲンで断層写真にして調べます。 甲状腺と周囲臓器の位置関係を詳細に調べることで、より安全に手術が行えるようになります。
また、術後の転移・再発を診断する目的でも行うことがあります。

【シンチグラフィー】
特殊な検査薬が病変部に集まることを利用した検査です。 甲状腺、副甲状腺などの機能、位置などがわかります。

【穿刺吸引細胞診】
超音波検査で病変を観察しながら、甲状腺に細い針を刺して細胞を採り,顕微鏡で検査します。病変の性状を診断することが出来ます。

【血液および尿検査】
甲状腺や副甲状腺ホルモンや抗体などを測定します。副甲状腺疾患では、血液中のカルシウム値を測定します。

先進・特殊医療

乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術
乳癌の診断は採取組織が大きいとより正確な診断が可能です。当院は乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術実施に必要なバコラⓇとマンモトームⓇを有しています。

病理診断
乳腺診療にあたり、病理診断のレベルは、施設のレベルを決めるといって過言ではないほど重要と言われています。現在当院には乳腺腫瘍病理診断に精通した病理医を2人有する万全の体制をとっています。

センチネルリンパ節生検術色素RI併用法
上記のリンパ浮腫を防ぐ目的でこの数年実施される方法です。核医学検査室を有している当院はRI法の実施を原則にしています。

乳房再建術
乳房全体をとる切除術をおこなう場合、乳房再建をご希望される患者さんには十分な意見交換を行った後に、形成外科医によるティッシュエクスパンダー挿入を手術時に行っています。

化学療法
当院は外来化学療法室を有し、専任の看護師が対応にあたっています。日本の乳癌専門病院で実施しているのと同一の治療を提供しています。
たとえば、AC療法、dose dense AC療法、TC療法、classic CMF療法、パクリタキセル週1回療法、ドセタキセル療法、ハーセプチン療法などの補助化学療法を実施しています。これらの治療を適切な患者さんに適切に実施することで乳癌生存率を改善することができます。

放射線治療
当院は放射線治療機器を有しています。さらに、日本乳癌学会専門医の資格をもった放射線治療医が常勤で在籍しています。きめの細かい対応が可能です。

遺伝子診断
遺伝する特殊な乳腺や内分泌の病気に対して、患者さんの御承諾が得て遺伝子診断をおこなっています。(現在この検査は当科で治療した患者さんに限らせて頂いています。)遺伝性の病気については、患者様やご家族様が、疾患や治療について不安を感じることも多いと思われます。病気に対する正しい知識を持ち、将来に向けて適切な意思決定が可能になるよう、遺伝カウンセリングを受けていただける体制を整えております。

Oncotype DX
実施可能です。

ラジオガイドナビゲーション手術
病変の部位が不確かな副甲状腺腫に対し、シンチグラムガイド下ナビゲーション手術を行っています。これにより、短時間で確実な腺腫摘出が可能となります。

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 原発性乳癌
2. 甲状腺癌
3. 副甲状腺腺腫
4. 乳腺良性腫瘍
5. 甲状腺機能亢進症
6. 甲状腺腫瘍

【治療方法】
1. 乳房切除術
2. 乳房温存術
3. センチネルリンパ節色素RI併用法
4. 腋窩郭清術
5. 同時乳房再建術(形成外科専門医による)
6. 甲状腺部分切除
7. 甲状腺全摘
8. 頸部リンパ節郭清
9. 副甲状腺腺腫摘出術

【検査方法】
1. 超音波
2. マンモグラフィー
3. 穿刺細胞診
4. 針生検
5. 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術
6. 副甲状腺に対するMIBIシンチグラフィー
7. CT, MRI, 骨シンチ, PET検査等

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と入院患者数(平成27年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成27年度)

診療科で行った主な検査、特殊な検査の件数(平成27年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成27年度)

学会の指導医数、認定医数 (平成28年7月1日現在)

研修内容

研修1年目
2年間の臨床研修プログラムの中で、外科研修は1年目の3ヶ月が割り当てられています。他科の研修と同様、外科研修においても医療人して必要な基本姿勢・態度を身に付けると同時に、新制度の理念であるプライマリ・ケアに必要とされる基本的な診療能力を体得することを目的としています。外科は実践の医学であり、プライマリ・ケアに必要とされる基本的手技の多くを実際に経験できます。

研修2年目
希望により3ヶ月、5ヶ月または8ヶ月の期間で外科の研修を受けることができます。検査・治療計画に関する検討では、傍観者ではなく、症例のプレゼンテーションなどチームの⼀員として参加し、討論へも積極的に関与するという自覚が必要です。手術の参加や手術標本の取り扱いなども1年目における研修医以上に積極的な関与が求められます。外科的基本手技についても、指導医の指導の元に1年目より広い範囲の手技を任せられることになります。

その他

研究会
当診療グループでは毎週、次週の入院および手術症例を検討し、グループ全員で病棟回診を行っています。月に一度、病理科と共同で、乳腺、内分泌病理カンファランスを開催しています。また、毎月、土曜日に東大外科合同カンファランスを行っています。年に2回、学内外の専門医とともに乳腺・甲状腺研究会を開催しています。

勉強会
毎週、抄読会を行っています。ここでは、海外の最新論文を紹介しあい、互いに勉強しています。マンモグラフィー読影勉強会、化学療法勉強会を適宜開催しています。

教室年報
東京大学第三外科同窓会誌

業績
和文論文業績
1) 頸部手術に伴い発生した術後乳糜瘻に対する治療例の検討 小川 利久, 辻 英一, 林原 紀明, 丹羽 隆善, 多田 敬一郎 日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)76巻12号 Page2869-2873(2015.12)

2) 【乳癌診療&治療 最新アップデート】 CLINICAL REPORT 乳腺外科医にとっての超音波検査 多田 敬一郎 Rad Fan(1348-3498)13巻8号 Page28-31(2015.06)

3) 右腋窩副乳癌の1例 長田 麻友美, 東 さおり, 新島 靖子, 多田 弥生, 多田 敬一郎 皮膚科の臨床(0018-1404)56巻7号 Page1059-1062(2014.07)

4) メンタルヘルスの広場 がん治療とカバーメーク 分田 貴子 心と社会(0023-2807)45巻1号 Page128-132(2014.03)

5) 【膠原病】 乳癌を合併した抗155/140kDa蛋白抗体陽性の皮膚筋炎 長田 麻友美, 高橋 岳浩, 市村 洋平, 上嶋 祐太, 宮垣 朝光, 鑑 慎司, 三井 浩, 浅野 善英, 多田 敬一郎, 濱口 儒人, 藤本 学, 佐藤 伸一 皮膚科の臨床(0018-1404)56巻2号 Page167-170(2014.02)

6) 【外科医のための癌診療データ】 臓器別最新データ 甲状腺癌 甲状腺癌の疫学 小川 利久 臨床外科(0386-9857)67巻11号 Page19-24(2012.10)

7) 外科学の古典を読む[第19回] Halsted手術の原典 多田 敬一郎 外科(0016-593X)74巻7号 Page752-756(2012.07)

8) 【外科医が知っておくべき徴候と症候群】 乳腺・内分泌 遺伝性乳癌卵巣癌症候群 多田 敬一郎 外科(0016-593X)73巻12号 Page1301-1303(2011.11)

9) 【甲状腺・副甲状腺疾患の診療-最近の話題】 甲状腺手術における術中反回神経モニタリング 菊池 弥寿子, 杉谷 巌, 戸田 和寿, 藤本 吉秀, 川端 一嘉 JOHNS(0910-6820)27巻7号 Page1057-1060(2011.07)

10) 【甲状腺未分化癌研究コンソーシアム】 長期生存例の生存因子解析 吉田 明, 宮内 昭, 杉野 公則, 杉谷 巌, 藤盛 啓成, 伊藤 研一, 冨澤 勇貴, 田中 克浩, 鳥 正幸, 和田 修幸, 鈴木 眞一, 杉野 圭三, 吉田 剛, 細井 裕司, 小野田 尚佳, 長谷川 泰久, 山田 弘之, 岩瀬 克己, 吉本 世一, 今井 常夫, 折田 頼尚, 宮崎 眞和, 宇賀 達也, 福内 敦, 清水 一雄, 栗原 英夫, 原 尚人, 小川 利久, 北野 博也, 藤森 実, 三浦 弘規 内分泌外科(0914-9953)28巻1号 Page27-32(2011.03)

11) 甲状腺乳頭癌の手術適応 小川 利久, 瀬戸 泰之 日本医事新報(0385-9215)4514号 Page95-97(2010.10)

12) 【内分泌クリニカル・カンファランス】 副腎 鑑別に苦慮した乳癌に合併する副腎偶発腫の1例 竹下 雅子, 高橋 克敏, 大石 篤郎, 武藤 明子, 田中 信行, 岩瀬 哲, 小川 利久, 福本 誠二, 藤田 敏郎 ホルモンと臨床(0045-7167)58巻春季増刊 Page145-150(2010.04)

13) 【外科医に必要なPET検査の知識 その有用性と問題点】 甲状腺腫瘍におけるFDG-PET 最近の知見とレビュー 小川 利久(東京大学 大学院医学系研究科代謝栄養内分泌外科) 臨床外科(0386-9857)65巻2号 Page186-191(2010.02)

英文論文業績
1) Tada, K., K. Nishioka, Y. Kikuchi, T. Niwa and Y. Seto (2015). "Virtual Touch tissue quantification cannot assess breast cancer lesions except for ductal carcinomas in situ and small invasive cancers: a retrospective study." World J Surg Oncol.

2) Kikuyama, M., S. Akashi-Tanaka, T. Hojo, T. Kinoshita, T. Ogawa, Y. Seto and H. Tsuda (2014). "Utility of intraoperative frozen section examinations of surgical margins: implication of margin-exposed tumor component features on further surgical treatmentdagger." Jpn J Clin Oncol.

3) Okubo, M., K. Tada, T. Niwa, K. Nishioka, E. Tsuji, T. Ogawa and Y. Seto (2013). "A case of breast cancer in the axillary tail of Spence - enhanced magnetic resonance imaging and positron emission tomography for diagnostic differentiation and preoperative treatment decision." World J Surg Oncol 11: 217.

4) Kikuchi, Y., E. Tsuji, K. Yagi, K. Matsusaka, S. Tsuji, J. Kurebayashi, T. Ogawa, H. Aburatani and A. Kaneda (2013). "Aberrantly methylated genes in human papillary thyroid cancer and their association with BRAF/RAS mutation." Front Genet 4: 271.

5) Yamashita, H., K. Okuma, K. Tada, K. Shiraishi, W. Takahashi, S. Shibata-Mobayashi, A. Sakumi, N. Saotome, A. Haga, T. Onoe, K. Ino, M. Akahane, K. Ohtomo and K. Nakagawa (2012). "Four-dimensional measurement of the displacement of internal fiducial and skin markers during 320-multislice computed tomography scanning of breast cancer." Int J Radiat Oncol Biol Phys 84(2): 331-335.

6) Kikuyama, M., H. Takeshima, T. Kinoshita, E. Okochi-Takada, M. Wakabayashi, S. Akashi-Tanaka, T. Ogawa, Y. Seto and T. Ushijima (2012). "Development of a novel approach, the epigenome-based outlier approach, to identify tumor-suppressor genes silenced by aberrant DNA methylation." Cancer Lett 322(2): 204-212.

7) Hinohara, K., S. Kobayashi, H. Kanauchi, S. Shimizu, K. Nishioka, E. Tsuji, K. Tada, K. Umezawa, M. Mori, T. Ogawa, J. Inoue, A. Tojo and N. Gotoh (2012). "ErbB receptor tyrosine kinase/NF-kappaB signaling controls mammosphere formation in human breast cancer." Proc Natl Acad Sci U S A 109(17): 6584-6589.

8) Ogawa, T., E. Tsuji, K. Shirakawa, N. Hayashibara, R. Kurabayashi, K. Terada, Y. Kikuchi, H. Kanauchi and T. Sakatani (2011). "Primary non-Hodgkin's lymphoma of the breast treated nonsurgically: report of three cases." Breast Cancer 18(1): 68-72.

9) Tada, K., A. Ogiya, K. Kimura, H. Morizono, K. Iijima, Y. Miyagi, S. Nishimura, M. Makita, R. Horii, F. Akiyama and T. Iwase (2010). "Ductal carcinoma in situ and sentinel lymph node metastasis in breast cancer." World J Surg Oncol 8: 6.

10) Niwa, T., H. Saito, S. Imajoh-ohmi, M. Kaminishi, Y. Seto, Y. Miki and A. Nakanishi (2009). "BRCA2 interacts with the cytoskeletal linker protein plectin to form a complex controlling centrosome localization." Cancer Sci 100(11): 2115-2125.

11) Kurabayashi, R., K. Takubo, J. Aida, N. Honma, S. S. Poon, M. Kammori, N. Izumiyama-Shimomura, K. Nakamura, E. Tsuji, M. Matsuura, T. Ogawa and M. Kaminishi (2008). "Luminal and cancer cells in the breast show more rapid telomere shortening than myoepithelial cells and fibroblasts." Hum Pathol 39(11): 1647-1655.

リンク

受診・お見舞いトップに戻る