受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 腎臓・内分泌内科

前のページへ戻る

腎臓・内分泌内科

腎臓・内分泌内科 科長 南学正臣

 

腎臓・内分泌内科は,急性・慢性腎不全,各種腎炎,ネフローゼ症候群などの腎臓疾患,視床下部・下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎・性腺などの内分泌器官の機能異常による各種ホルモンの過剰・不足と甲状腺癌などの腫瘍,および腎臓と内分泌の双方に密接に関連している高血圧の診療を行っています。

概要

診療体制
腎臓疾患,内分泌疾患についてはそれぞれの専門医が外来・入院病棟を担当しています。高血圧については高血圧専門外来と高血圧検査教育入院を行っています。長期通院を必要とする場合が多いので,外来診療は一人ひとりの患者さんに対して特定の主治医が責任を持って診療を行う体制をとっています。

治療方針
入院患者さんの診療方針は,助教以上の常勤医が全員参加して毎週行われる教授回診において検討・決定されます。さらに当科の各専門グループが,個々の症例について詳細な検討を行っています。特に複雑な症例については,他科の専門医,院外の専門家を招いて症例検討会を行います。

得意分野
【腎不全】
血液浄化療法部との緊密な連携のもとに,急性腎不全の診断・治療,慢性腎不全に対する血液透析の導入,在宅腹膜透析の導入と外来での支援を行っています。

【高血圧】
高血圧は多くの方が罹患しており,心臓・脳・腎臓をはじめとする全身の臓器障害の原因となりますが,生活習慣の改善と適切な薬物療法により良好なコントロールと臓器障害の予防が可能です。当科では高血圧の専門外来を設け,さらに検査・教育入院を行って最適な診療を行う体制をとっています。

【甲状腺機能亢進症】
薬物療法を中心に行っていますが,難治例・薬剤副作用例・他疾患合併例などに対しては放射線科と共同で放射性ヨード治療も積極的に行っています。また,妊娠に伴う甲状腺機能異常の治療も産科と協力して多数行っています。

対象疾患

急性腎不全,慢性腎不全,糸球体腎炎,IgA腎症,ネフローゼ症候群,各種電解質異常,高血圧,甲状腺機能亢進症,甲状腺機能低下症,甲状腺腫瘍,副甲状腺機能亢進症・低下症,尿崩症,不適切抗利尿ホルモン分泌症候群,先端巨大症,クッシング症候群,副腎不全,褐色細胞種,原発性アルドステロン症,性腺機能不全,カルシウム代謝異常症,骨粗鬆症,骨軟化症

外来担当一覧

先進・特殊医療

在宅腹膜透析
腎補助療法の一種で,自宅で腹膜透析を夜間睡眠中に行う。外来での専門家による支援が必須。

主な検査と説明

外来
・ 腹部(腎臓)超音波検査
・ 甲状腺・副甲状腺超音波検査
・ 甲状腺吸引細胞診


入院
・ 腎生検
・ 各種内分泌負荷試験
・ 24時間血圧測定

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 慢性腎不全
2. 急性腎不全
3. 慢性腎炎
4. 高血圧症
5. 甲状腺機能亢進症
6. 甲状腺機能低下症
7. 甲状腺腫瘍
8. 副甲状腺機能亢進症
9. 副甲状腺機能低下症
10. 副腎腫瘍

【治療方法】
1. 在宅腹膜透析
2. 保存期慢性腎不全の進行防止
3. 高血圧教育入院
4. 131I治療(甲状腺機能亢進症の内照射療法)
5. 急性腎不全の血液浄化療法
6. IgA腎症に対するステロイド療法      
7. 甲状腺経皮エタノール注入術

【検査方法】
1. 腎生検
2. 甲状腺超音波検査
3. 副腎静脈サンプリング
4. 甲状腺吸引細胞診      
5. 骨密度測定

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患による入院患者数(平成24年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成24年度)

診療科で行った主な検査、特殊な検査の件数(平成24年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成24年度)

学会の指導医数、専門医数、認定医数(平成25年5月現在)

その他

研究会及び勉強会
毎週火曜午後5時半より症例検討、研究発表、外部講師による講演

業績
国内外の学会及び学会誌、専門誌への発表多数

教室年報
教室年報を作成し、同窓会等で配布

リンク

受診・お見舞いトップに戻る