主な業務
主な業務

総合研修センターは、医師並びに歯科医師の卒後臨床研修、医師の専門研修に関することをはじめ、他部門と協同して、院内職員はもとより、院外者も対象とした各種研修を担当しています。「本院の職員全てが私たちの受け持ちです。」という信念の下、全ての職員が私たちの行う研修の対象であり、私たちの支援の対象であると考えています。特に、研修医にとっては最も心強い支援者でありたいと願っており、より良い医療人に成長するよう最大限の支援をすべく、日々の業務に取り組んでいます。

主な業務

医師卒後臨床研修(初期)

研修医の募集、研修プログラムの作成、協力型臨床研修病院(以下「協力病院」という)との調整、ローテーションの決定等、研修に関するあらゆることを行っています。これらのプログラムは、多くの大学の規範になるべく、より良いものを診療科(部)と協力して作成しています。

医師卒後臨床研修(専門)

専門研修医(卒業3年目以降の医師)の募集やプログラム作成等を行っています。

医学生に対する研修説明会・
病院見学会

研修医募集の一環として、医学生を対象とした説明会・見学会を医学生の春季、夏季休暇期間を利用し、複数回開催しています。特に、7月中旬に開催する「東大病院まるごと探訪フェスティバル」は、臨床研修の全体説明のほか、外来診療棟1階玄関ホールに診療科(部)毎にブースを設置し、参加者が自由に各診療科(部)の説明を受けられる場を提供するイベントで、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から参加者が集い、好評を博しております。

指導医講習会

指導医として必要な資質及び知識を習得してもらうため、協力病院の医師も参加して行っています。厚生労働省より修了証書を発行します。

緩和ケア研修会

がん診療に携わるために必要な資質・知識の修得を目指し、院内外から受講者を募ります。厚生労働省より修了証書を発行します。

医療技術関係職員研修

全国の国公私立大学病院に勤務する医療技術者(薬剤部職員・臨床検査技術者・診療放射線技術者・栄養士・臨床研究(治験)コーディネーター)を対象とした資質向上に資する研修会を実施しています。

既存の医療職種では埋められないチーム医療の間隙領域を支援する医療人を創成する教育プログラムの開発を行います。

東京大学医学部附属病院 理念

本院は臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する

東京大学医学部附属病院 目標

● 患者の意思を尊重する医療の実践

● 安全な医療の提供

● 高度先進医療の開発

● 優れた医療人の育成

東京大学医学部附属病院
研修理念

東京大学医学部附属病院卒後臨床研修は、医療及び医学の分野において指導者たる医師となるための礎を築くこと、すなわち、優れた指導者と充実した環境の下で医師としての人格を涵養するとともに、基本的な診療能力を習得し、研修医が将来医療及び医学において自らの果たす役割を明確にすることを目的とする。

東京大学医学部附属病院
研修目標

1医師としての基本的な
技能・知識・態度
を身につける。

2患者の課題を的確に把握し、
置かれた状況に応じて
最適な医療を選択できる。

3患者や他の
医療従事者と十分な
意思疎通を行える。

4医療安全の意識
身につけ、実践する。

5将来自らが目指す医師像、
医師としての
方向性を明確にする。

6研修を通して
将来の医療及び医学を
追究できる医師を目指す。

研修の特色

● 全診療部門において優れたスタッフの指導の下、プライマリケアから高度専門的な医療まで幅広く経験ができます。

● 都内及び主に関東甲信越圏内の優れた研修病院が 協力病院となり、
本院での研修と併せて、市中の第一線の病院でのトレーニングも可能です。

● 指導者が豊富である利点を活かし、 各種カンファランス、セミナー、講演会等、多彩な教育プログラムが用意され、臨床のみならず医療のさまざまな側面について、幅広く知識を深めることができます。

● 2年目の選択科目としては最大4科目まで、可能な限り希望通りに研修が行えます。

● 同僚となる研修医がたくさんおり、お互いに刺激を受けながら、切磋琢磨して研修を行うことができます。

総合研修センター案内図 


TOP