HOME > (TOPICS)東日本大震災の被災地への当院の医療支援

前のページへ戻る

東日本大震災の被災地への当院の医療支援について

東日本大震災にて被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。ここでは当院の支援活動についてまとめています。

被災地からの患者受入状況(2011年4月13日現在)

当院では3月14日以降、震災の影響により被災地で高度な医療の提供が困難になった等の理由により、医療機関からの依頼に応じて、宮城県、福島県、茨城県から合計16名の患者さんを受け入れました。
なお、個別の患者さんに関するお問い合わせには一切お答えしておりません。

医療用ベッドの提供(2011年4月15日現在)

4月11日に岩手県下閉伊郡山田町の医療機関に医療用ベッド20台を提供しました(4月13日に現地到着)。

被災によって医療機器等にも被害が出ており、医療の提供にも支障を来たしていることが想像されます。

一日も早く現地での医療提供体制が正常化することを願っております。

医療支援チームの派遣状況(2011年5月11日現在)

当院では関係機関からの要望に応じ、発災直後にDMAT(災害派遣医療チーム)を、これに続いて医療支援チーム等を派遣しています。5月11日までの派遣人数は合計119名となりました。

派遣状況の詳細は以下の添付ファイルをご覧ください。