各診療科案内
各診療科案内

2019年度採用 東京大学医学部附属病院研修医募集要項

2019度採用 東京大学医学部附属
病院研修医募集要項

1.出願資格

医師臨床研修マッチングに参加し、マッチングIDを有する者

2.受け入れ予定人数

120人

  • ・Aプログラム 36人
  • ・Bプログラム 38人
  • ・Cプログラム 42人
  • ・産婦人科重点プログラム 2人
  • ・小児科重点プログラム 2人

3.採用者選抜方針

 東京大学医学部附属病院の研修プログラムでは、医学卒前教育で学んだ基本的な臨床能力を基に、2年間の研修期間においてその基礎能力を発展させ、将来の医療及び医学の分野で活かしていくことのできる能力を身につけることを目的としています。本院が求めているのは、単に医学的知識を有するだけでなく、医師としての高い倫理観を持ち、社会において果たすべき役割を認識してその責務を果たすことができる研修医です。そして、医療チームの一員としての自覚を持ち、他の医療スタッフや患者等の意思をよく理解し、それを踏まえた上で自分の考えをまとめ、その考えを適切に他者に伝えることができる能力のある者を本院では積極的に採用したいと考えています。医学卒前教育までに培ったこれらの基礎能力を、提出された書類、筆記試験、小論文及び面接試験を通して評価します。

4.選抜方法

(1)書類審査
(2)筆記試験(医師国家試験に準じたマルチプルチョイス式の試験および小論文)
  ※マルチプルチョイス式の試験は、内科・外科・救急・必修の範囲より出題
  ※小論文は800字以内
(3)面接試験
  ※会場の都合により、各試験日の応募者が160人を超えた場合は、書類審査による第一段階選抜を行う。

  •   ※書類審査による第一段階選抜を実施した場合の結果については、7月末日までに「第一段階選抜結果通知メール」により通知し、第一段階選抜合格者へ「8.出願手続き(3)受験票等の通知」記載の「詳細通知メール」を送付する。第一段階選抜を実施しなかった場合は応募者全員に「詳細通知メール」のみを送付する。8月1日(水)を過ぎても、いずれも届かない場合は東京大学医学部附属病院総合研修センター(11.連絡先)へ連絡すること。7月中の問い合わせには一切応じられない。また、第一段階選抜の実施の有無についての問い合わせにも一切応じられない。

5.合格

合格ならびに採用は、マッチングの結果による。

6.処遇

(1)身分非常勤職員
(2)手当・勤務時間及び休暇当院の規定による
(3)時間外勤務及び当直当院の規定による
(4)宿舎の有無
(5)社会保険の有無
(6)健康管理年1回(秋)の職員健康診断の受診
(7)医師賠償責任保険の適応の有無
(8)自主的な研修活動に関する事項症例報告会、学会出席等

7.試験期日及び場所

[期日] 平成30年8月9日(木)または20日(月) 9時~16時(予定)
いずれかの日を受験すること
[場所] 東京大学本郷キャンパス内の指定された試験会場

8.出願手続き

出願は、Webによる願書申請および下記の応募書類①~④の郵送(簡易書留)により行う

  • ①CBT成績表の写し
  • ②OSCE成績表の写し
  • ③推薦状(他薦)
  • ④自己推薦文(自筆)
  •   ※①および②は医療系大学間共用試験実施評価機構作成のもの、あるいはそれに準じたものを提出すること(再試験受験者は本試・再試とも提出)。
    在籍(卒業)大学でCBT、OSCE成績表の交付を受けられない者は東大病院総合研修センター(11.連絡先)までメールにて申し出ること。
    外国の大学を卒業した者は、当該大学にて発行された成績証明書を提出すること(和訳添付)。
    ※③推薦状(他薦)は、本人をよく知る指導教員等に具体的に記載してもらうこと。なるべくA4用紙一枚にまとめて、宛先は「東京大学医学部附属病院長」宛とすること。
    ※④自己推薦文(自筆)は、東京大学医学部附属病院総合研修センターホームページ(以下「センターHP」と表記)に掲載されている「自己推薦文用原稿用紙」をダウンロード・印刷し、400字以内で当該原稿用紙に自筆で記載し提出すること(ワープロ記載不可)。

(1)Webによる願書申請
 センターHPに掲載される出願用URLにアクセスし、出願を行う。

  • ・願書申請用URLのセンターHPへの掲載は6月下旬を予定。
  • ・登録期間 平成30年6月29日(金)から7月20日(金)24時まで。
  • ・7月20日(金)24時をもって願書申請用URLのアクセスは不可となる。
  • ・申請方法については、「出願手順(の流れ)」(PDF971KB)を参照すること。
  • ・出願用写真は、試験日前のおおむね3カ月以内に撮影した、カラーの証明写真等に限る(不鮮明で表情が識別できない写真は不可)。
  • ・出願内容に誤りがあった場合は、誤りの内容をメールにてセンターに連絡すること。(再度出願は絶対に行わないこと)

(2)応募書類①~④の郵送(簡易書留)

  • ・平成30年7月24日(火) 必着
  • ・郵送先
  •  〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
  •  東京大学医学部附属病院 総合研修センター
  • ・Webによる願書申請完了時に発行される「受付番号(S●●●●)」を応募書類①~④の右下に朱書きにて記載する(③推薦状(他薦)に関しては封筒への記載でも構わない)。
  • ・郵送にあたっては、応募書類①~④を一括して封筒に入れ、簡易書留にて郵送すること。なお、郵送以外の受取は原則行わない。
  • ・日本語以外の書類については、和訳を添付すること。
  • ・封筒の表面に朱書きで「卒後臨床研修プログラム出願書類在中」と記載すること。

  ※よくある質問(Q&A)(PDF97KB)

(3)受験票等の通知

  • ・7月末日までに、本院より「4.選抜方法」※印記載のとおり「詳細案内メール」を送信する。8月1日(水)を過ぎても、「詳細案内メール」が届かない場合は東京大学医学部附属病院総合研修センター(11.連絡先)へ連絡する>こと。7月中の問い合わせには一切応じられない。
  • ・「詳細案内メール」の「受験票URL」にアクセスして、受験票をカラー印刷する。受験票は試験当日に必ず持参する。
  • 「受験者心得」「時間表」「地図」の各ページにアクセスして内容を確認する。

  ※受験のための書類は受験者自身がURLにアクセスし取得すること。基本的に本院から受験に関する書類を送付することはない。

9.試験結果の発表

マッチングの発表による。なお、電話やメールによる問い合わせには一切応じられない。

10.注意事項

  • (1)Webによる出願時の氏名、生年月日は戸籍のとおり正確に登録すること。また、登録できない文字がある場合は入力可能な文字で出願した後、該当の文字をメールにて総合研修センター宛に知らせること。その際、必ずメール本文に受付番号(S●●●●)を記載すること。
  • (2)事情によっては、試験期日等について、変更することがある。その場合はあらためて通知する。
  • (3)採用が内定しても医師国家試験に不合格の場合は、内定を取り消す。
  • (4)採用が内定しても採用書類の不備等があればその確認等のため、採用が遅れることがある。
  • (5)採用が内定しても外国籍の方は、在留資格認定証明書(就労ビザ)が発行されてから採用手続きを行うため、採用が遅れることがある。
  • (6)出願登録以降に氏名、現住所に変更が生じた場合には、速やかにメールにて総合研修センター宛に知らせること。その際、必ずメール本文に受付番号(S●●●●)を記載すること。
  • (7)出願手続きにより本院が知り得た個人情報は、以下の目的に限り使用する。
    ①採用の可否、選考結果の通知など採用・選考のため
    ②医師臨床研修マッチング協議会への登録、厚生労働省への手続きのため
    ③応募者の入職後、本院において労務管理に関する一切の事項を行うため
    ④応募者および採用者についての統計、分析を実施するため
    ⑤応募者の採用後、他施設での研修を行う際の手続きのため原則として、応募書類の返却は行わない。

11.連絡先

〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 総合研修センター
電話:03-3815-5411(代表) 内線 32211、32212
Fax : 03-5800-6937
e-mail:soken@h.u-tokyo.ac.jp


TOP