TOPICS

常染色体多発性嚢胞腎における嚢胞増大抑制治療

常染色体多発性嚢胞腎における嚢胞増大抑制治療

常染色体多発性嚢胞腎は腎機能が徐々に悪くなり比較的若年で透析が必要になるような遺伝性疾患です。腎臓の大きさを指標にする、トルバプタンという利尿薬を治療に用いるなど診療がめざましく進歩しており、当院でも2泊3日の短期入院でトルバプタンを開始することができます。【腎臓・内分泌内科】
詳しくはこちら

前立腺がんに対するウイルス療法

前立腺がんに対するウイルス療法

がん細胞だけで増殖するようにウイルス遺伝子を組み換えた人工的なウイルス(ヘルペスウイルス)を使ってがん細胞を破壊する、新しいがん治療法です。ホルモン療法抵抗性の手術を受けていない前立腺がん患者さんを対象に、現在、安全性試験を施行しています。【泌尿器科・男性科】
詳しくはこちら

(6月20日更新)

TOPICS一覧はこちら ▼