東京大学脳神経外科は、清水健太郎第一外科教授によって1951年に設立され、その11年後の1962年に佐野圭司初代脳神経外科教授の下、日本で最初の独立講座として確立されました。その後、第2代高倉公朋教授、第3代桐野高明教授に続き、現在は第4代斉藤延人教授が主任を勤めています。東京大学脳神経外科は、全国に35以上の関連大学・関連施設を持っており、研修グループの現時点での年間手術件数は10000件を上回っています。

東京大学脳神経外科およびその関連施設が推進している脳神経外科専門医教育プログラムは、毎年優れた脳神経外科のスペシャリストを輩出しています。現在、全国の様々な大学や関連病院で活躍している東京大学脳神経外科出身の医師は 400人を数え、当科の主催する後期研修プログラムは、これらのドクターの協力を得ながら行われています。

教室の活動の詳細は教室紹介ホームページ http://www.h.u-tokyo.ac.jp/neurosurg/ をご参照ください。

現在、東京大学脳神経外科は、教授1名、准教授1名、講師1名、助教11名(特任助教1名を含む)、医員4名、後期研修医4名、大学院生17名によって構成されています。
脳神経外科専門医 32名、脳卒中専門医8名、てんかん学会専門医2、脳神経血管内治療 専門医4名、臨床遺伝専門医2名を有しています。

病棟での診療は、脳腫瘍(良性・悪性)、血管障害、てんかん・機能的疾患、脊髄疾患、小児、ガンマナイフなどの治療チームに分かれ、様々な疾患の診療にあたっています。
一方、研究では、血管障害・再生グループ、脳腫瘍グループ、脳機能てんかんグループ、医工連携ニューロメカトロニクス開発グループに分かれており、助教・大学院生を中心に研究を進めています。