HOME > TOPICS 一覧 > (TOPICS)重症気管狭窄患者に対し再生気管軟骨を使用する治験を開始

前のページへ戻る

重症気管狭窄患者に対し再生気管軟骨を使用する治験を開始(耳鼻咽喉科・頭頚部外科、ティッシュ・エンジアリング部)

気管が重度に狭窄している患者さんに対し、再生気管軟骨を使用する治験を開始しました。この再生気管軟骨は、耳の軟骨細胞を培養し、体内で吸収される足場素材に混ぜて作製します。患者さん自身の少量の組織を原料として、異物が残らない再生組織で治療できると期待されます。お問い合わせのある方はこちらにご連絡ください。

お問い合わせ
東京大学医学部附属病院
口腔顎顔面外科・矯正歯科 
ティッシュ・エンジニアリング部
 星 和人
〒113-0033 文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-8669