HOME > 講演会・シンポジウムのお知らせ > 1/19 開催 臨床試験データ管理学 平成29年度「臨床研究方法論セミナー」のお知らせ

前のページへ戻る

講演会・シンポジウムのお知らせ

1/19 開催 臨床試験データ管理学 平成29年度「臨床研究方法論セミナー」のお知らせ

 2017年12月01日

東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター 臨床試験データ管理学講座は「臨床研究方法論セミナー」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

ICH-E6(R2)のステップ5は、目の前に差し迫っており、ICH-E8(臨床試験の一般指針)は刷新が検討されております。また、臨床研究法の施行も近づいており、臨床研究を取り巻く規制は、目まぐるしく変化している状況です。臨床研究の方法論においても、Risk-based Monitoring(RBM)の実践やe-PRO、eConsentなどのIT技術を活用した新たなデータ収集や同意取得の手法、eSource、リアルワールドデータ、人工知能の活用など、今後、新しい手法が導入される中で、臨床研究従事者に求められる知識、スキル、役割なども変化し、ニーズに適合した教育の展開や継続教育の在り方についても見直す時期に来ているかと思います。

今年の臨床研究方法論セミナーでは、「臨床研究従事者に対する教育はこれからどうあるべきか?」をテーマに、1)臨床開発、研究におけるコア・コンピタンス、2)系統的な教育キャリキュラムと養成コース、3)企業とアカデミアにおける教育ニーズの違い、4)キャリアパスを形成する上で専門資格や学位などの課題について、事例紹介と議論したいと思います。

セミナーの詳細、及びお申込みにつきましては、下記URLよりアクセスして下さい。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げております。

日時:平成30年1月19日(金)14時00分~17時50分
場所:東京大学伊藤国際学術センター ギャラリー1
定員:70名 ※事前登録制
対象:臨床研究従事者
費用:アカデミア・医療関係者:6,000円 一般・企業:9,000円
お申込み:http://ctdm.umin.jp/information_20180119_seminar.html
お問合せ:東京大学大学院医学系研究科 臨床試験データ管理学講座 (担当)寺田 宛
[TEL]03-5800-9086[E-Mail]ctdm.tokyo@gmail.com

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。