HOME > 講演会・シンポジウムのお知らせ > 「再生医療・細胞医療の早期実用化にむけた開発戦略」 開催のおしらせ

前のページへ戻る

講演会・シンポジウムのお知らせ

シンポジウム 「再生医療・細胞医療の早期実用化にむけた開発戦略」 のご案内

 2011年09月28日

東京大学医学部附属病院では、先端医療研究開発を目的とした多彩な取り組みが進められております。そこで今回、先端医療開発に携わる22世紀医療センター、医工連携部、ティッシュ・エンジニアリング部が共同で、東京大学グローバルCOEプログラム「学融合に基づく医療システムイノベーション」と共にシンポジウムを開催することにいたしました。

今回のシンポジウムでは、「再生医療・細胞医療の早期実用化にむけた開発戦略」と題し、社会的期待が高まりつつある再生医療・細胞医療の実用化を、どのような戦略で早期達成していくべきかをテーマといたしました。すでに臨床応用段階に入った再生医療・細胞医療技術ですが、今後はこれらの技術を安全な形で広く国民の元へ迅速に届けることが、患者のためにも医療産業・医療経済の点からも求められています。しかしながら薬事承認の審査は、未だ「一般医薬品」、あるいは「医療機器」のいずれかの項目の審査しか設定されておらず、これらとは特性を異にする「再生医療・細胞医療」に対応する審査の枠組みは存在しません。テーラーメイド医療である「再生医療・細胞医療」の適切な審査・承認のためには、独自の評価・審査基準が必要であることは明らかですが、そのためには産官学の関係者の協力が欠かせません。そこで、本シンポジウムでは、「学」の立場から「産」と「官」からの参加者をおまねきし、活発な意見交換や討論を通して、今後の進むべき方向性を模索できればと考えております。 

多数の皆様のご参加をお願いいたします。

東京大学医学部附属病院
22世紀医療センター長
ティッシュ・エンジニアリング部 部長
高戸 毅
 
医工連携部 部長
宮田 哲郎



東大病院先端医療開発部局合同  
第7回 22世紀医療センターシンポジウム
第8回 医工連携研究会
第4回 ティッシュ・エンジニアリング部シンポジウム

「再生医療・細胞医療の早期実用化にむけた開発戦略」

日時:平成23年12月17日(土) 10:00~18:00 (参加無料)
会場:シンポジウム 東京大学医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂
    ポスター討論 東京大学医学部教育研究棟13階 セミナー室
定員:250名 
参加費:無料(事前登録制) ※参加申込書は下記よりダウンロードしていただけます。
情報交換会:18:00~ 山上会館 ※会費5,000円(当日受付にお支払い下さい)

主催:東京大学医学部附属病院 
   22世紀医療センター、医工連携部、ティッシュ・エンジニアリング部、
共催:CMSI東京大学グローバルCOEプログラム
   「学融合に基づく医療システムイノベーション」
   東京大学医学部附属病院
   トランスレーショナルリサーチセンター
   臨床研究支援センター

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。