HOME > 講演会・シンポジウムのお知らせ > 第10回 産学連携メディカルフロンティアセミナー

前のページへ戻る

講演会・シンポジウムのお知らせ

第10回 産学連携メディカルフロンティアセミナー

 2010年03月29日

この度、東京大学医学部附属病院22世紀医療センターでは下記の通りセミナーを開催することとなりましたのでお知らせいたします。





22世紀医療センター
第10回 産学連携メディカルフロンティアセミナー
日 時:平成22年 3月31日(水) 18:00~19:00
場 所:東大病院中央診療棟2 地下1階会議室
参加費:無料
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
演 題:「米国医療の動向と医療安全の考え方」

演 者:北川 明人 殿
東京海上日動メディカルサービス株式会社
メディカルリスクマネジメント室長(米国・英国看護師)

紹 介:講師は、大阪外語大学英米学科卒業後に米国アラバマ州立大学ジャクソンヴィル大学看護学部を卒業し、1991年に米国看護師の資格を得た。
1992年に東京海上メディカルサービス株式会社に入社し、ロンドン医療センター(英国)やベスイスラエルメディカルセンター(BIMC)の一施設として設立された日本人向け診療施設:東京海上記念診療所 (米国ニューヨーク市)の事務長職を歴任した。
米国ではBIMCのリスクマネジメント部と関連があるペイシャントレプリゼンタティブ部(患者提唱部門)、クオリティーインプルーブメント(QI)部、環境部(病院環境安全対策、医療機器安全対策、自然被害対策、テロ対策、防火、防犯対策課)、職員健康管理室、感染症対策部、クレデンシャル部(医師審査部)、メディカルレコード部(医療記録部)等と日常的につながりを持ちながら、BIMCの外来診療部門で医療機能評価のプロジェクトリーダーやQIプロジェクトの中心メンバーとなりアウトカム手法を使った発表会などを定期的に行った。
2009年11月に日本に帰国し、現在は医療機関の安全管理を、研修やコンサルティングを通して支援するメディカルリスクマネジメント室長として勤務している。
今回は米国における医療安全管理や医療そのものの仕組みについての現状と課題(特に、日本が見習うべき点、見習ってはいけない点を提案)、そして今後の展望についてこれまでの経験をもとに情報提供する。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
主 催:東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター
共 催:医療安全管理学講座
連絡先:東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター
医療安全管理学講座(電話)03-3815-5411(内線)34415

以上