HOME > 講演会・シンポジウムのお知らせ > 第4回 産学連携メディカルフロンティアセミナー

前のページへ戻る

講演会・シンポジウムのお知らせ

第4回 産学連携メディカルフロンティアセミナー

 2010年02月10日

この度、東京大学医学部附属病院22世紀医療センターでは下記の通りセミナーを開催することとなりましたのでお知らせいたします。





22世紀医療センター
第4回 産学連携メディカルフロンティアセミナー
日 時:平成22年2月24日(水) 18:00~19:00
場 所:東京大学医学部附属病院中央診療棟2 7階中会議室
参加費:無料
演 題:アンチエイジング医学による疾病の治療戦略
演 者:坪田 一男 教授
所 属:慶応義塾大学医学部眼科学教室

坪田先生は、1980年に慶應義塾大学医学部卒業後、85年よりハーバード大学に留学し87年角膜クリニカルフェロー修了、帰国後、国立栃木病院眼科部長、東京歯科大学眼科教授を経て、2004年より現職となっております。特に、我が国での高齢化社会において、科学に基づいたアンチエイジング医学の研究に従事しており、日本抗加齢医学会副理事長、学会誌「アンチエイジング医学」の編集長を務めておられます。今回は、以下の内容でご講演いただけるとのことで、皆様の参加をお待ちしております。
エイジングに関わる研究が進み、カロリー・リストリクション(CR)により哺乳類の寿命が長くなることが確認されている。また、抗酸化物質の摂取が加齢による変性を抑制することも確認されている。少しずつではあるが、アンチエイジングに関する科学的な裏づけが出始めている。予防医学としてのアンチエイジング医学を超えて疾病治療に用いるという新しい考え方が始まりつつある。本講演ではカロリーリストリクションと酸化ストレス仮説によって加齢黄班変性やドライアイなど加齢関連眼科疾患に対してどのような治療戦略が可能になるかを検討したい。
主 催:東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター
協 賛:抗加齢医学講座
連絡先:東京大学医学部附属病院 老年病科(電話:03-5800-8652)

以上