HOME > 講演会・シンポジウムのお知らせ > 22世紀医療センター 「第3回 産学連携メディカルフロンティアセミナー」 開催のお知らせ

前のページへ戻る

講演会・シンポジウムのお知らせ

22世紀医療センター 「第3回 産学連携メディカルフロンティアセミナー」 開催のお知らせ

 2009年11月27日

この度、東京大学医学部附属病院22世紀医療センターでは下記の通りセミナーを開催することとなりましたのでお知らせいたします。





22世紀医療センター
第3回 産学連携メディカルフロンティアセミナー
日 時:平成21年12月7日(月) 17:00~18:00
場 所:東京大学医学部附属病院中央診療棟2 7階大会議室
参加費:無料
演 題:ELISPOT assays for delineation of T cell effector classes and activation states
    ELISPOTアッセイ法によるT細胞のエフェクター機能と活性化の解析
演 者:Paul V. Lehmann,博士
    Professor of Pathology at Case Western Reserve University,
    Fonder, President and CEO of CTL, Cleveland, OH

※全編英語での講演となります。

During this talk I will cover our studies utilizing IL-2, -4, -5, -10, -17, granzyme B, perforin, TRAIL and IFN-γ ELISPOT assays for defining the effector lineage of antigen-specific CD4 and CD8 cells. I will first cover the differential induction of Th17 vs. Th1 CD4 and CD8 cells in vivo, in mice. In HIV infected humans, we found considerable heterogeneity within the HIV-specific CD8 cell pool by studying their granzyme B, perforin and IFN-γ signature. TRAIL ELISPOT assays proved to be suitable to identify “unhelpted/ frustrated/ lethargic” CD8 cells in HIV infection. The data draw attention to multicolor ELISPOT analysis which permits to combine the strengths of the classical approach (ultra high sensitivity, robustness, need for minimal cell material, suitability for high throughput and regulated tests) with the need for multiplexing.

Paul Lehmann博士は、抗原特異的な免疫応答の定量的解析法として現在最も広く活用されているELISPOT法を開発された著明な免疫学者です。今回、日本免疫学会のセミナーに講師として来日されますが、この機会に東大病院でも御講演を賜ることになりました。抗原刺激に対する様々なサイトカイン産生を定量的に解析できるELISPOT法を用いて、T細胞の分化に関する基礎的な検討からHIVなどの慢性ウイルス感染患者における細胞性免疫応答の詳細な解析に基づく病態の解明など、最先端の研究内容を御講演いただく予定です。活発な質疑応答を期待しています。

主 催:東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター
協 賛:エムエステクノシステムズ
連絡先:免疫細胞治療学(メディネット)講座 垣見 (内線 36590)

以上