HOME > 講演会・シンポジウムのお知らせ > 「第5回 東京大学医学部附属病院 22世紀医療センターシンポジウム」 開催のお知らせ

前のページへ戻る

講演会・シンポジウムのお知らせ

「第5回 東京大学医学部附属病院 22世紀医療センターシンポジウム」 開催のお知らせ

 2009年11月04日

医療ニーズと産官学・国民の連携
22世紀に向けた学融合の拠点-挑戦と展望-

東京大学医学部附属病院22世紀医療センターでは、2010年2月12日に、第5回の22世紀医療センターシンポジウムとして、「医療ニーズと産官学・国民の連携、22世紀に向けた学融合の拠点-挑戦と展望-」と題するシンポジウムを開催いたします。当センターは2004年の開設以来6年目となり、寄付講座に社会連携講座を加えた新たな枠組みで活動しています。この機会に、当センターで行われてきた産学連携に基づく活動の成果をご報告するとともに、今後のセンターの活動の方向性について広く議論を行いたいと考えております。

本シンポジウムでは、各講座で行われている活動について、特に産学連携の成果としての視点からプレゼンテーションに加えて、附属病院内における先端医療研究センターとして臨床医学研究の成果を社会に送り出すためのトランスレーショナルリサーチの進捗状況、それを支援する東京大学の環境などについてご報告いたします。また、東京大学医学部附属病院トランスレーショナルリサーチセンター 永井良三センター長から、「これからの臨床医学研究」に関して、医薬品・医療機器の承認審査に深くかかわる独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)の近藤達也理事長から「世界を軸とするPMDA」と題して、東京大学のみならず、我が国におけるトランスレーショナルリサーチの現状と課題、そしてグローバルスタンダードを踏まえたこれからの臨床医学研究のあり方について特別講演をお願いしております。パネルディスカッションでは、東京大学医学部附属病院 22 世紀医療センターが、産官学連携による最先端の臨床医学研究の場として発展し、その活動の成果を速やかに社会に還元するために、今後の進むべき方向性について参加者の皆様とともに議論を深めたいと期待しております。

御多忙な時期とご推察いたしますが、是非ともご参加いただき、このシンポジウムが東京大学医学部附属病院における産官学連携への取り組みをご理解いただく機会となれば幸甚に存じます。


【シンポジウム概要】
主 催: 東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター
共 催: 東京大学グローバルCOE「学融合に基づく医療システムイノベーション」
日 時: 平成22年2月12日(金) 13:00~18:00
会 場: 東京大学医学部教育研究棟 鉄門記念講堂
      ※添付の会場案内図をご覧下さい。
参加費: 無料 (定員270名 事前登録制)
      ※懇親会に参加ご希望の場合は、別途会費(5,000円)が
        必要です。(当日受付にてお支払い下さい。)
プログラム:
  特別講演(1)「これからの臨床医学研究」
       東京大学医学部附属病院トランスレーショナルリサーチセンター
       センター長 永井良三
  特別講演(2)「世界を軸とするPMDA」
       独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)
       理事長 近藤達也
                                ほか
※プログラムの詳細は添付のご案内をご覧下さい。

※申し込み受付は終了いたしました。
【本件に関する問合せ先】
東京大学医学部附属病院
22世紀医療センターシンポジウム 実行委員会事務局
電話 03-3815-5411(内線32465)

 

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。