東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

卒後臨床研修(初期)へ戻る

平成27年度東京大学医学部附属病院 卒後臨床研修プログラム

印刷する


1. プログラムの名称

東京大学医学部附属病院卒後臨床研修プログラム

↑Page Top

2. 研修理念

東京大学医学部附属病院卒後臨床研修は、医療及び医学の分野において指導者たる医師となるための礎を築くこと、すなわち、優れた指導者と充実した環境の下で医師としての人格を涵養するとともに、基本的な診療能力を習得し、研修医が将来医療及び医学において自らの果たす役割を明確にすることを目的とする。

↑Page Top

3. 研修目標


(1) 医師としての基本的な技能・知識・態度を身につける。
(2) 患者の課題を的確に把握し、置かれた状況に応じて最適な医療を選択できる。
(3) 患者や他の医療従事者と十分な意思疎通を行える。
(4) 医療安全の意識を身につけ、実践する。
(5) 将来自らが目指す医師像、医師としての方向性を明確にする。
(6) 研修を通して将来の医療及び医学を追究できる医師を目指す。
↑Page Top

4. 定員

プログラムの総募集定員は126人である。各プログラムの定員は以下の通り。

● Aプログラム 31人
● Bプログラム 42人
● Cプログラム 41人

将来の希望科を1年目から重点的に研修することが可能な以下の重点プログラムを設置

● 内科重点プログラム 8人
● 小児科重点プログラム 2人
● 産婦人科重点プログラム 2人
↑Page Top

5. 研修計画

研修期間は2年間とする。基幹型臨床研修病院と協力型臨床研修病院間で研修を行う「たすきがけ型方式」(A、Bプログラム)と、本院のみで行う方式(Cプログラム)とがある。各年度の診療科ローテーションの順番は研修医によって異なる。また、本院、協力型臨床研修病院で研修できない分野については、それぞれの病院でさらに協力型臨床研修病院、臨床研修協力施設と提携する。

*研修中は必修または自由参加の講習会・セミナーが多数開催され、幅広い知識や技能の習得が可能である。

(講習会の例)
● 外科系セミナー(結さつ・縫合実習等各種実習含む)
● 内科セミナー
● CPC
● 総合救急診療教育カンファレンス
● NSTセミナー
● 検査部講習会
↑Page Top

6. 指導体制

(1)研修連絡協議会
各協力型臨床研修病院、協力施設の指導責任者及び東京大学医学部附属病院長、総合研修センター長、プログラム責任者で構成され、プログラム全般に関する連絡調整を行う。
(2)研修管理委員会
東京大学医学部附属病院長、総合研修センター長と各プログラム責任者、各協力型臨床研修病院、協力施設の各研修実施責任者及び事務部の責任者、外部有識者よりなる。
(3)プログラム責任者
総責任者: 東京大学医学部附属病院長 門脇 孝
責 任 者: 東京大学医学部附属病院総合研修センターセンター長 山岨 達也
東京大学医学部附属病院総合研修センター総センター長 北村 聖
各プログラム正責任者:
● Aプログラム 北村 聖
● Bプログラム 山岨 達也
● Cプログラム 瀬戸 泰之
● 内科重点プログラム 江頭 正人
● 小児科重点プログラム 三浦 健一郎
● 産婦人科重点プログラム 有本 貴英
(4)指導医
指導医は臨床経験7年以上で、プライマリケアの指導を充分行える能力を有し、指導時間を十分に取れる者とし、プライマリケアの指導方法等に関する講習会を受講していること等の要件を満たした者である。本プログラムの指導医は、研修管理委員会で認定した者である。
(5)チューター(副プログラム責任者)
本プログラムで研修中に様々な指導・助言を与えるチューター(副プログラム責任者)を研修医5人程度につき1名の割合で担当する。チューター(副プログラム責任者)は面談等により定期的に研修医ごとの臨床研修の目標の達成状況等の把握を行い、総合研修センターにその結果を報告する。
↑Page Top

7. 参加施設

● 基幹型臨床研修病院 東京大学医学部附属病院
● 協力型臨床研修病院 別表
● 協力施設 診療所等
↑Page Top

8. プログラムの管理運営

東京大学医学部附属病院長を最高責任者とし、研修に当たっては総合研修センター長並びに各プログラム責任者は協力型臨床研修病院及び協力施設の各研修担当責任者と緊密に連絡を取り、研修プログラムの問題点の検討、再評価と各研修医並びに研修指導医の研修並びに評価を行う。

↑Page Top

9. 評価方法

各ローテーションにおける具体的な到達度の評価はEPOC(オンライン臨床研修評価システム)を用いる。また、指導医に加え、他の職種から医師患者関係やチーム医療の実践等についての形成的評価を行う。更に平成21年度から導入したポートフォリオ等による総合的評価を踏まえ、優秀な研修医に対してベストレジデントの称号を研修修了時に与えることとする。

↑Page Top

10. プログラム修了認定

研修医の到達度の評価に基づき、研修管理委員会の承認を得た後に病院長がプログラム修了認定証を発行する。

↑Page Top

東京大学医学部附属病院の研修中は、東京大学医学部附属病院の規程による報酬が支払われる。協力型臨床研修病院での研修中は、当該病院の規定による報酬が支払われる。社会保険等は厚生労働省の規定による。
東京大学医学部附属病院の研修中の処遇は次のとおりとする。

↑Page Top

12. 研修医の募集と選抜

毎年募集要項を公表し、それに基づいて募集し選抜する。募集については、マッチングシステムに参加登録する者を対象とする。選抜は、書類審査、筆記試験、面接試験で行う。

↑Page Top

13. 日本医療機能評価機構の病院機能評価

財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価について、機構の定める認定基準を達成していることが認められ、平成22年1月24日付けで、認定証が交付された。


認定期間 平成22年1月24日 〜 平成27年1月23日
認定証発行日 平成22年1月24日
認定病院種別 一般病院
認定番号 認定第JC384-2号
↑Page Top

初期研修を修了した者に対して、それぞれの医師の描くキャリアデザインを最大限に支援するため、それぞれの分野での専門医取得や大学院進学、さらに海外留学等、目的や希望に応じて協力病院等と連携した1年から数年にわたる多様な研修コースモデルを提示し、研修内容と経過が明らかになるよう、東京大学医学部附属病院専門研修プログラムを作成した。
詳細は、「15.連絡先」のURLを参照。

↑Page Top

15. 連絡先

〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 総合研修センター
TEL:03-5800-8608、 FAX:03-5800-6937
e-mail:soken@h.u-tokyo.ac.jp
URL:http://www.h.u-tokyo.ac.jp/soken/top.html
↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.