東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

科目別研修カリキュラムへ戻る

救急

印刷する


Ⅰ.プログラムの名称

救急卒後臨床研修プログラム

Ⅱ.プログラムの目的と特徴

救急における研修の特徴を理解し、重点的に研修できる目標の修得・技術の向上に努める。

↑Page Top

Ⅲ.教育課程

Ⅲ-1.到達目標

(1) 行動目標
研修期間を通じて、以下の事項を重点的に身に付ける。
(1)チーム医療
(2) 問題対応能力
(3) 安全管理
(2) 経験目標
A. 経験すべき診察法・検査・手技
(1)基本的な身体診察法
a. 全身の観察、特にバイタルサインを観察し、記載できる。
(2) 基本的な臨床検査
a. 自ら実施し、結果を解釈できる検査
 イ.心電図(12誘導)
 ロ.超音波検査
b. 適応が判断でき、結果の解釈ができる検査
 イ.血液検査(血鼻・白血球分画、凝固能、生化学、動脈血液ガス分析
 ロ.画像検査(単純X線、CT、MRI)
 ハ.生理学検査(肺機能、脳波)
 二.内視鏡検査
(3) 基本的手技
a. 気道確保・人工呼吸・気管挿入
b. 心マッサージ・除細動
c. 圧迫止血法
d. 注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保、中心静脈確保)
e. 採血法(静脈血、動脈血)
f. 穿刺法(腰椎、胸腔、腹腔)
g. 導尿法
h. 局所麻酔法
i. 簡単な切開・排膿
j. 軽度の外傷・熱傷の処置
(4) 基本的治療法
a. 輸液ができる。
b. 輸血による効果と副作用を理解し、輸血が実施できる。
B. 経験すべき症状・病態・疾患
(1)心肺停止
(2) ショック
(3) 意識障害
(4) 脳血管障害
(5) 急性心不全
(6) 急性冠症候群
(7) 急性腹症
(8) 急性消化管出血
(9) 外傷
(10) 急性中毒
(11) 熱傷
C. 特定の医療現場の経験
(1)救急医療
a. バイタルサインの把握ができる。
b. 重症度および緊急度の把握ができる。
c. ショックの診断と治療ができる。
d. 二次救命処置(ACLS)ができ、一次救命処置(BLS)を指導できる。
e. 頻度の高い救急疾患の初期治療ができる。
f. 専門医への適切なコンサルテーションができる。
↑Page Top

Ⅲ-2.研修コース


救急の研修期間中に麻酔科の研修を受けることができる。

救急部・麻酔科の研修プログラムについては、それぞれのプログラムもご確認ください。

救急部・集中治療部卒後臨床研修プログラムへ
麻酔科卒後臨床研修プログラムへ
↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.