東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

科目別研修カリキュラムへ戻る

病理部

印刷する


T.プログラムの名称

病理部卒後臨床研修プログラム


U.プログラムの目的と特徴

将来病理の専門医を目指す医師及び将来臨床医を目指す医師のいずれもが対象である。病理解剖、生検・手術症例の病理診断及び細胞診等、病理医の日常的な業務を通じて、病理学に関する基本的知識を身に付ける。同時に、初期診療に対応できる臨床医学の知識・技術を身に付ける。

↑Page Top

V.教育課程

V-1.研修内容

第1期:病理解剖について研修する。
第2期:病理解剖並びに生検・手術材料の病理診断について研修する。
第3期:病理解剖、生検・手術材料の病理診断及び細胞診について研修する。
第1期〜第3期を各1〜3ヶ月単位で研修し、各人の希望により、計2ヶ月、4ヶ月、8ヶ月のプログラムを当科で研修することになる。

↑Page Top

V-2.研修内容と到達目標

1.一般的研修目標

  • 病理解剖(剖検)・生検手術材料・細胞診検体の取り扱い及びそれらの診断を通して病理業務の流れを理解する。
  • 疾病を臨床と病理所見の両側面から理解して、各疾患の病態をより具体的に深く理解する。
  • 各症例の診断、治療における病理と臨床各診療科との連携の重要性を理解する。
  • 病理の医療における役割、意義、重要性を理解する。

2.個別的研修目標

 1)生検・手術材料の病理診断

  • 検体の肉眼所見を記載し、必要に応じてスケッチし、写真を撮り、検査目的に合致した固定と切り出しを行えること。
  • 必要な場合に特殊検索(捺印細胞診、電子顕微鏡的・免疫学的・分子病理学的検査等)用の処置することができること。
  • 組織学的所見を正確に把握し、記載することができること。
  • 特殊検査(一般特殊染色、免疫組織化学、分子病理学等)の知識を有し、適切にオーダーし、結果を的確に判断することができること。
  • 正しい診断名を記し、適切な報告書を作成することができること。

 2)迅速診断

  • 肉眼所見を正しく把握し、適切な切り出しを行い、一定時間内に凍結切片による迅速診断を正しく手術室に報告することができること。

 3)細胞診

  • 各種検体を適切に処理できること。擦過・穿刺細胞診の正しい検体処理方法を臨床医に適切に指導できること。
  • 細胞診標本のスクリーニングを行い、基本的病変を指摘することができること。
  • 悪性腫瘍細胞については、組織型を推定することができること。

 4)病理解剖(剖検)

  • 死体解剖保存法等の基本的な法知識を有すること。
  • 病理解剖の基本的な手技を習得すること。
  • 当該例に最も適切な解剖方法を選び、遂行することができること。
  • 肉眼所見を正しく把握・理解し、解剖時に可能な限り病理解剖学的診断を下すことができること。
  • 標本作製のための適切な切り出しを行うことができること。必要に応じた特殊検索捺印細胞診、電子顕微鏡的・免疫学的・分子病理学的検査等)を行うことができること。
  • 臨床情報、生前の組織診断等を参照し、肉眼所見、組織学的所見を総合して、的確な病理解剖報告書を作成、報告することができること。

↑Page Top

V-3.教育に関する行事

1. 初期研修医に対する集中講義
固定法・切り出し法・染色法等の基本的な手技、各臓器の病理診断学についての講義が各専門領域のスタッフにより行われる。

2.

臨床研修の週間スケジュール
月曜日: 診断病理カンファレンス、剖検症例検討会、抄読会、剖検マクロカンファレンス、脳の切り出し
火〜金曜日: 病理解剖、生検、手術症例の切り出しと検鏡、細胞診

3.

定期的なカンファレンス
本院CPC、整形病理カンファレンス、婦人科病理カンファレンス、リンパ腫カンファレンス、胸部疾患検討会、上部消化管カンファレンス、脳腫瘍カンファレンス等が臨床各診療科と合同で1〜3ヶ月に1回の頻度で行われている。

↑Page Top

V-4.指導体制

研修医は、教授、准教授、講師、助教から構成される3つのチームのいずれかに1名ずつ配属される。常にチームの一員として、助教または研修医と行動を共にし、直接指導を受ける。専門領域に関することは、各専門グループにて指導を受ける。

V-5.評価方法

剖検症例検討会、病院CPC及び抄読会等での発表から直接評価を行う。

↑Page Top

IV.指導者と参加施設

(1)プログラム指導者 : 病理部長・教授  深山 正久
(2)基幹施設 : 本院病理部
(3)参加協力施設 : 特になし

↑Page Top

V.管理運営

本院病理部と人体病理学・病理診断学講座が一体となって行い、プログラムの詳細については、助教以上のスタッフミーティングにより決定する。

↑Page Top

VI.定員及び選考方式

定員は設定しないが、同時研修枠は2名程度。
選考方法はプログラム指導者が面接をして決定する。

↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.