東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

科目別研修カリキュラムへ戻る

眼科

印刷する


T.プログラムの名称

眼科卒後臨床研修プログラム


U.プログラムの目的と特徴

2年間の研修の内、選択科目として4ヶ月〜(長期研修)、2ヶ月(短期研修)のプログラムを当科において研修する。
本プログラムは、研修終了後に眼科を志す医師に対しては、その礎となり得る知識・手技・経験を提供すること、併せて、将来的に他分野に進む医師に対しても眼科疾患に関する基礎的な知識とそれに対する基本的対処法を身に付けさせることを目的とする。

↑Page Top

V.教育課程

V-1.研修医配置及び研修内容

研修医は、指導医のほぼマンツーマンの指導の下、外来、病棟、手術室での各業務に就き、実践的な研修を受ける。同時に、眼科の基本的疾患及び診療に関する専門医による講義を受講する。

↑Page Top

V‐2.研修内容と到達目標

以下を目安に段階的に研修を行う。各段階での到達度に関して、指導医または講師以上のスタッフが随時チェックする.

(研修期間を通じて随時行うこと)

  • 眼科の基本的疾患及び診療に関する専門医による講義
  • 豚眼を用いた手術研修
  • 国内学会での発表、論文作成
  【1ヶ月目】
  • 基本的な検査:屈折検査、視力検査、視野測定、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査、眼圧検査等
  • 基本的疾患に関する診断・治療法の理解
  • 眼科診療システムの理解
  【2ヶ月目】
  • 特殊検査:眼底写真、蛍光眼底造影、超音波検査等
  • 指導医の指導下での入院患者に対する診察・処置
  • 手術室での機器準備、手術の補助
  • 角膜移植に使用するドナー角膜摘出の手術法
  【3〜4ヶ月目】
  • 外来にて指導医の指導下での初診・再来患者の問診及び基本診療
  • 基本的疾患に対する治療法の選択と指導医の指示の下での投薬・処置
  • 基本的手術における手術助手

   (以下は主に8ヶ月の研修プログラム受修者を対象にする)

  【5〜6ヶ月目】
  • 少数の外来及び入院患者の受持ち医としての診療・処置
  • 一部の外来小手術や外眼部手術等の執刀
  • 外来、入院患者に対するレーザー施術の一部

   (但し、上記に関しては、指導医または講師以上のスタッフのチェック・指導を常に受けつつ行う)

  【7〜8ヶ月目】
  • より多くの外来・入院患者の受持ち医としての診療・処置(診療内容については講師以上のスタッフに直接指導を受ける)
  • 外来小手術、外眼部手術、白内障手術等の全般的または部分的執刀
  • ほとんどのレーザー施術の施行
↑Page Top

V‐3.教育に関する行事

1.初期研修医に対する集中講義
  以下の講義が当科スタッフにより行われる。

a. 検査編
  • 問診の取り方、主要症状
  • 前眼部検査:細隙灯顕微鏡、涙液染色検査 他
  • 眼底検査:直像鏡、倒像鏡、双眼倒像鏡、前置レンズ 他
  • 緑内障検査:眼圧検査、視神経乳頭検査、視野検査 他
  • 写真撮影:前眼部、眼底、造影検査、眼位
  • 神経眼科的検査
  • 眼鏡処方の基礎
b. 疾患編 ・角膜・結膜・緑内障・ぶどう膜炎・網膜・黄斑部疾患・糖尿病網膜症・眼科救急疾患

2.臨床研修スケジュール
  月曜日:病棟診療、外来診療
  火曜日:手術
  水曜日:病棟診療、外来診療 夜:医局会、カンファランス
  木曜日:8:30から教授回診、病棟診療、外来診療
  金曜日:手術

 各日とも朝と夕方に入院患者の診察・処置を行い、手術日以外のその他の時間には外来診療または研修等に従事する。


3.定期的なカンファレンス

  • クリニカルカンファレンス(水曜日19:00)
  • 構成員会・術前カンファレンス(水曜日18:00)
  • 各大学より講師を招いての学術講演会(隔月)
↑Page Top

V‐4.指導体制

  • 原則として、研修医は常に指導医と行動を共にし、研修初期では全ての診察・処置等は指導医の指導の下に行う。研修後期においては、基礎的な事項については自らの判断で行うが、その際には必ず指導医または講師以上のスタッフのチェック及び指導を受け、知識を向上させると共に、自分の臨床判断に対する評価を常に受ける。
  • 各専門領域に関しては、各専門グループ責任者及びグループ員が指導する。
  • 研修医は指導を受ける立場にあるが,学生の延長ではない。チームの一員として24時間体制で患者の急変、或いは夜間救急に対応する心積もりが必要である。
↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.