東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

科目別研修カリキュラムへ戻る

循環器内科

印刷する


T.プログラムの名称

循環器内科卒後臨床研修プログラム

↑Page Top

U.プログラムの特徴

2年目の研修医の先生方には、原則CCU専属研修医として 循環器疾患の重症症例を担当して頂いています。急性心筋梗塞・大動脈解離・肺塞栓症・急性心不全等の種々の疾患について、救急外来での初療から集中治療室での診療を経て一般床へ転出するまで、一連の急性期診療を学んで頂くことが出来ます。心エコー・心臓カテーテル検査などの手技に携わる時間も多く設けています。

↑Page Top

V.教育課程

V-1.研修医配置

原則としてCCUに配属されます。希望者は循環器一般床での研修も可能です。

↑Page Top

V-2.研修内容と到達目標

急性心筋梗塞・大動脈解離・急性心不全・重症不整脈など 主だった循環器疾患の救急診療の基礎を習得します。また ICUでの循環動態の管理・重症心疾患症例の全身管理を習得します。 病態に応じた身体所見の把握・検査・薬剤の使用を迅速・的確に行えるようになることを目標としています。
心エコーの基本的なあて方を習得します。心臓カテーテル検査に参加し、血管確保の基礎を学びます。

↑Page Top

V-3.教育に関する行事

毎日朝夕回診を行い、治療にあたっています。
定期的に循環器内科全体でクリニカルカンファランスを行い、診断や治療に難渋した症例について検討し 日々の診療に活用しています。

↑Page Top

V-4.指導体制

CCUは助教・特任臨床医 5-6名からなる 専属チームが診療を行っており、研修医の先生方の指導にもあたります。またカテ室研修や心エコー研修の際には 各々専門チームの医師が指導を行います。

↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.