東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

科目別研修カリキュラムへ戻る

感染症内科

印刷する


T.プログラムの名称

感染症内科卒後臨床研修プログラム

↑Page Top

U.プログラムの特徴

 東大病院感染症内科では、感染症を広く扱いますが、専門性に偏ることなく、感染症の観点から全身を診ることが求められます。HIV感染症、抗酸菌感染症、寄生虫症、海外渡航関連感染症、ウイルス性肝炎、難治感染症、いわゆる不明熱などは、感染症内科が主治医として入院や外来診療にあたります。それに加え、院内すべての診療科からの感染症コンサルテーションに応じていることが大きな特色です。1年間におよそ1300件のコンサルテーションがありますが、数の多さだけではありません。移植医療、免疫抑制薬や生物製剤を用いた治療、特殊な医療機器を用いた治療など、東大病院で提供されている様々な高度先進医療の中で生じる複雑な感染症をマネージメントする必要があるため、その内容はたいへん幅広く、奥深いものが多いです。  
 2年次初期研修医は、層の厚い上級医とともにチームを組み、入院診療およびコンサルテーション診療に参加します。扱う感染症や病態は幅広く、症例数も豊富ですが、一人で受け持つことのできる数には限りがあります。しかしすべての症例は、日々行われるカンファランスでプレゼンテーションされ、多角的に議論されます。議論に参加し共に学ぶことによって、ずっと多くの症例に触れることができます。また、優れたプレゼンテーションのスキルを得ることは、いかなる診療科でも役に立つでしょう。同時に、教わるだけでなく多くの教える機会が与えられるため、研修効果が一層高まります。研修プログラムは、「抗菌薬の使い方が学べる」「個々の感染症疾患を経験できる」といった各論的事象の習得だけでなく、感染症の観点から全身を診ることの重要性が理解できるよう、またコミュニケーション能力やプロフェッショナリズムの涵養に役立つよう、配慮しています。

↑Page Top

V.教育課程

V-1.研修医配置

 2年次研修医は月4人まで受け入れています。現在は、クリニカルクラークシップ学生2〜3人、2年次初期研修医4人、後期研修医2人が、フェロー(4人)および指導医とともにチームを組み、いわゆる屋根瓦式で診療・教育にあたっています。   
 当科では例年、受け入れ可能人数を超える応募があります。できる限り多くの希望者を効率的に受け入れるため、ローテーション予定の中途変更は認めておらず、また2ヶ月単位の研修を原則としています。

↑Page Top

V-2.研修内容と到達目標

・適切な病歴聴取と身体診察ができる  
・適切な鑑別をあげ、必要な検査等の診断プロセスを理解する  
・全身的なマネージメントができる  
・メディカルレコードを適切に記載できる  
・適切なコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を習得する  
・プロフェッショナリズムを涵養する  
・エビデンスに基づいた医療の提供と、エビデンスの検索・解釈方法の習得  
・チームの一員として、医学生や仲間に積極的に教育を提供する
 
・臨床的に重要な微生物の基本知識や薬剤感受性を習得する  
・基本的な抗微生物薬を熟知する    
・基本的な感染症疾患が体系的にマネージメントできるようになる  
・感染症の予防と制御に関する基本知識を習得し実践する  
・アカデミックな環境を基盤とした臨床やリサーチに触れる

↑Page Top

V-3.教育に関する行事

1. すべての症例に関するプレゼンテーションとディスカッション (月から金曜16時〜)
2. 感染症内科カンファランスおよび回診 (火曜 9時)
3. クルズス・抄読会・学生および初期研修医の課題発表 (隔週木・金曜 15時〜)
4. 研修にあたり知っておくことが望ましい感染症関連のミニレクチャー (適宜)

↑Page Top

V-4.指導体制

 現在は、クリニカルクラークシップ学生2〜3人、2年次初期研修医4人、後期研修医2人が、フェロー(4人)および指導医とともにチームを組み、いわゆる屋根瓦式で診療・教育にあたっています。

↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.