東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

科目別研修カリキュラムへ戻る

消化器内科

印刷する


T.プログラムの名称

消化器内科卒後臨床研修プログラム

↑Page Top

U.プログラムの特徴

消化器内科の診療は、腹部超音波や内視鏡を用いたインターベンションがその大きな特徴である。当科では、肝臓・胆膵・消化管の3つの各専門グループとも、世界有数レベルでの診療を行っている。2年目研修医の研修では、この消化器内科の特徴であるインターベンションにチームの一員として参加し、診療の一翼を担い、消化器疾患の診断および治療における考え方を、実感を持って身につけることができる。消化器疾患の診療では、緊急入院となる症例や緊急検査・治療を要する症例に接する機会も多く、そのような消化器救急診療の経験も得られる。

↑Page Top

V.教育課程

V-1.研修医配置

2年目研修医は、4−5名の配置が可能であるが、希望者がある場合には、科として特に配置人数に制限はない。入院患者の担当体制は、病棟管理医の管理下で、オーベン、中ベン、研修医が病棟担当チームとなり、消化器内科の各専門グループ(肝臓、胆膵、消化管)からコンサルト医がつく。治療方針等は専門グループで決定され、コンサルト医が病棟担当医に指示を出したり、I.C.を行ったりするが、2年目研修医はその方針決定のプロセスにも参加して消化器内科診療の考え方を身につけることができ、またコンサルト医の指導のもとに患者や家族に対するI.C.を行う機会も与えられる。

↑Page Top

V-2.研修内容と到達目標

教授回診、毎朝の病棟担当チームのラウンドにて受け持ち症例のプレゼンテーションを行い、症例の重要なポイントを把握し的確にプレゼンテーションを行う技術を身につける。 消化器疾患診療の基本的技術(問診、診察、検査の組み方、データの見方、基本的検査手技)を修得すること。
腹部超音波検査の基本を修得し、common diseaseの診断ができるようになること。 上部下部消化管内視鏡検査に参加し、基本的な所見がとれるようになること。内視鏡技術習得を希望する者は、本人の努力とやる気次第で、上部内視鏡検査の初歩的な手技を上級医の指導のもとに行うことも可能である。
当科の特徴である内科的インターベンションの手技を用いた治療の現場に参加し、治療の基本的な知識を会得することと助手の技能を身につける。 特に肝癌・転移性肝癌のラジオ波焼灼治療(RFA)、胆膵疾患のERCP、PTCD、EUSなどを用いた難治癌治療、上下部消化管早期癌の内視鏡的粘膜剥離切開術(ESD)などに治療チームの一員として参加する。さらに緊急治療手技(上下部消化管の緊急止血など)にも参加する。 遺伝子解析を取り入れた診療や医師主導型の自主臨床試験の症例も多く、疾患・症例に対する多面的アプローチを理解する。
担当した症例の症例報告を学会の総会・地方会で行い、論文化を目指す。

↑Page Top

V-3.教育に関する行事

消化器内科症例検討会・クルズス(毎週)、消化器内科リサーチカンファレンス(毎月)、消化器内科研究セミナー(年2−3回)、院内合同カンファレンス、各臨床グループ、基礎グループカンファレンスおよび抄読会

↑Page Top

V-4.指導体制

病棟担当体制は上記のとおり。肝臓・胆膵・消化管の3つの専門グループが各症例の治療方針を決定し、チームでインターベンションを行う。研修医は担当症例の治療チームの一員となりインターベンションに参加する。また、自分の担当症例以外の治療に参加することも可能である。各専門グループが高いレベルでの診療を行っており、治療の場には必ずその専門グループの中の指導医がいるので、研修医の積極的な治療への参加を歓迎している。

↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.