東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

科目別研修カリキュラムへ戻る

血液・腫瘍内科

印刷する

T.プログラムの名称

血液・腫瘍内科卒後臨床研修プログラム

↑Page Top

U.プログラムの特徴

各診療チームの1人として勤務し、その中できめ細かな指導を受け基本的な診療技術を身に付けていきます。また後述のカンファや研修医クルズスにも積極的に参加する事で、血液学/腫瘍学の最先端を学んでいきます。基本的な医師としての能力を身につけた後、発展的に下記の研修を行うことが可能です。

 1. 血液疾患の診断能力を身につける
 a) 主要な血液疾患の骨髄検査レポートを作成し、指導医の添削を受ける。
 b) 他科依頼(コンサルト)を受け、指導医と共に血液疾患の診断及び初期対応を行う。
 c) フローサイトメトリーや各種遺伝子検査について学習し、希望に応じて実際に研究室等で実習する。

 2. 治療計画の立案、特に化学療法レジメン選択・立案・実施ができるようになる
 a) 疾患や患者背景、合併症を考慮して指導医と共に化学療法メニューを作成する
 b) 化学療法実施の中で起こりうる、様々な合併症への対応を学習する。

 3. がん患者、免疫不全患者に対する総合的診療能力を身につける
 a) 上級医の指導のもとで血液・腫瘍内科当直を行い、血液疾患に対する緊急対応を学ぶ。
 b) 造血幹細胞移植症例を担当することで、内科的全身管理/免疫不全への対応/内科緊急疾患への対応を学び、重症血液
   疾患に包括的に対応する能力を身につける。 
↑Page Top

V.教育課程

V-1.研修医配置

1年目および2年目の研修医を合わせて8名程度まで対応可能です。造血幹細胞移植症例の多い5階北病棟に3名、化学療法やその他の血液疾患の多い14階北病棟に5名が配属の目安となります。2年目の研修医が複数名いる場合は、各病棟1名が配属の目安となります。どちらの病棟でも、研修医/チューベン/オーベンの3名で1つの診療チームを構成します。 研修時期や期間によって差は有り得るが、「臨床研修の到達目標」の内、多くの項目が経験できる。

↑Page Top

Ⅲ-2.研修内容と到達目標

 <当科で経験可能な疾患>   
常時70名近い豊富な入院症例があり、下記に代表される疾患の診療を経験することができます。
  • 造血器悪性腫瘍(白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・アミロイドーシスなど)
  • 造血不全疾患(再生不良性貧血・骨髄異形成症候群など)
  • 骨髄増殖性疾患(真性多血症・本態性血小板血症・骨髄線維症など)
  • 自己免疫による血球減少症(特発性(免疫性)血小板減少性紫斑病、溶血性貧血など)
  • 凝固異常症(播種性血管内凝固症候群、血友病、von Willebrand病など)
  • 感染症(Febrile neutropenia, septic shock, 免疫不全関連感染症)      
<当科で経験可能な手技/医療内容>
  • 血液疾患の身体所見(出血傾向の診断、脾臓触診、リンパ節触診など)
  • 中心静脈カテーテル挿入  腰椎穿刺  リンパ節検体処理
  • 骨髄穿刺・標本作成  骨髄像鏡検  サイトスピン検体鏡検
  • 細胞表面マーカー解析
  • 遺伝子検査(PCR、FISH、染色体分析、クローナリティ検査、変異解析)
  • 移植前処置(大量化学療法および全身放射線照射)      
  • 造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)      
  • 血液疾患に対する標準化学療法  末梢血幹細胞採取  輸血療法      
  • 病棟感染制御  免疫不全患者の管理(予防投与、抗菌療法など)    
↑Page Top

Ⅲ-3.教育に関する行事

<主なカンファレンスの週刊予定>
 午前 午後  夕方 
 月 8:30 朝カンファ   17:00 リンパ腫サブカンファ 
 火     18:00 リサーチカンファレンス 
 水 8:30 朝カンファ   18:00 各種臨床カンファ
 木 8:00 チャートラウンド/教授回診 16:30 移植サブカンファ 18:00 研修医クルグス
 金 8:30 朝カンファ    17:00 白血病サブカンファ
     
<臨床カンファ>    
第1週:造血幹細胞移植カンファレンス(移植症例の検討と最新トピックレビュー)
第2/4週:クリニカルカンファレンス(希少疾患や問題症例について他科を交えて検討+抄読会)
第3週:臨床研究カンファレンス(臨床研究の立案、解析内容の討議)
     
<研修医クルズス>(毎週木曜開催)    
白血病、感染症、骨髄増殖性腫瘍、臨床検査、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、移植、教授クルズスを各1回
     
<マルクカンファ>(月一回開催)   
<その他のカンファレンス>
  • 朝カンファ(新規入院症例および問題症例の治療方針討議)     
  • チャートラウンド/教授回診(全入院症例の治療方針討議)
  • 心療内科カンファレンス (移植症例を中心に週1回)
  • 白血病サブカンファ(白血病及び造血障害疾患の治療方針討議)
  • リンパ腫サブカンファ(リンパ増殖性疾患の治療方針討議)
  • 移植サブカンファ(造血幹細胞移植症例の治療方針討議)     
  • リサーチカンファレンス(当科基礎研究の討議と抄読会)
↑Page Top

Ⅲ-4.指導体制

研修医/チューベン/オーベンの3人で診療チームを構成します。診療チームの中で所見の確認、治療方針の相談、プレゼンの練習など、きめ細かい指導を行います。また、各研修医には1名のメンター(指導医)が担当し、研修に関する悩み/相談などの窓口となります。 また、研修される先生が優れた研究医・臨床医になるためのキャリアパスを応援するため、様々な制度を用意しています。希望に応じて、研修終了後も臨床研究などに参加し学会発表や論文指導を積極的に行っています。

           
      
↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.