東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

卒後臨床研修(専門)トップへ戻る

平成25年度東京大学医学部附属病院専門研修プログラム 募集要項

印刷する


1.概要

1-1.概要

本プログラムは、東京大学医学部附属病院(以下「本院」という)において、卒後必修初期研修を修了した後、さらに臨床医学に関する知識と技能を広く向上させ、より専門的な臨床研修を行うためのものである。同時に、この期間中、本院各診療部門(研修協力病院等の院外施設も含む)及び東京大学大学院医学系研究科における臨床、研究の経験を通して、将来のキャリアデザインを構築してゆく機会とも成り得る。

1-2.各研修コースの選択について

(1) 応募者は、専門研修プログラム一覧のうち、希望するコースを選択し、当該診療科(部)の研修担当者または総合研修センター(以下「センター」という)と相談の上、履修するコースを決定する。
(2) 各コースは、実際に研修を指導する診療科(部)及びその研修の主たる目的・特徴がなるべく明らかになるよう、名称が付けられている。その研修内容、到達目標に応じて、研修期間も異なる。
(3) 各コースの実際については、コース紹介内の「備考」欄に[1]概要 [2]研修内容等 [3]研修協力病院 [4]専門医取得 [5]連絡先として表記してある。
(4) 内科総合研修及び外科総合研修は、卒後3年次の研修医を対象とし、専門分野に関わらず診療科(部)を選択することができる(若干名採用)。
(5) 本プログラムに提示されたコース以外に、複数の診療科(部)に亘って研修を行うことを希望する場合は、センター及び当該の診療科(部)と相談の上、適宜カリキュラムを構築することも可能である。
(6) 専門医資格は、各学会において定める専門医試験の受験資格を満たせば、卒後5年目以後に取得可能である。

1-3.大学院入学及び留学について

(1) 大学院入学は卒後3年次以後、随時可能である(各研修コースに在学年次が示されている。担当教員と相談すること)。
(2) 事情により、大学院入学後に休学し、その間、専門臨床研修に専念することも可能である。
(3) 大学院修了後に、改めて専門臨床医となるべく研修を継続するコースと、研究者としての研鑽を積むコースとを選択することができる。
↑Page Top

2.出願資格

(1) 卒後臨床研修制度における2年間の必修初期研修を修了した者。
(2) 平成16年以前に卒業し、2年間の初期研修を修了した者。
↑Page Top

3.受入予定人員

150−200名(本院及び研修協力病院での研修者を含む)

↑Page Top

4.選抜方法

(1) 書類審査
(2) 筆記試験
(3) 面接試験
↑Page Top

5.処遇(本院で研修を行う場合)

(1) 身分 非常勤職員
(2) 勤務時間及び休暇 週4日勤務、その他本院の規定による
(3) 手当等 本院の規定により支給
(4) 兼業
(5) 宿舎の有無
(6) 社会保険の有無
(7) 健康管理 年1回(秋)の職員健康診断の受診
(8) 医師賠償責任保険の適応
(9) 自主的な研修活動に関する事項 症例報告会、学会・研究会出席等
↑Page Top

6.出願手続き

(ア) 出願方法
[1] 出願は、Web(平成24年6月25日(月)よりセンターホームページにて登録頁のURLを通知する)により事前登録を行った上、本内容を印刷し(本人写真の貼付)、郵送する。
[2] 郵送にあたっては、下記(イ)の出願書類を一括して封筒に入れ、書留郵便とする。
[3] 受付期間 平成24年7月2日(月)から12月14日(金)(消印有効)まで
(但し、診療科(部)により締切日を早めに設定している場合もあるので、必ず診療科(部)に問い合わせること。)
[4] 宛先
〒113-8655  東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 総合研修センター
※封筒の表面に朱書きで「専門研修プログラム出願書類在中」と記載すること。

(イ) 出願書類等
[1] 願書: Webにより事前登録を行った上、本内容を印刷し、本人写真の貼付をしたもの
[2] 卒後臨床研修成績証明書(修了(見込)証明書): EPOC、研修手帳等(コピー可)。研修を行った病院の書式に従う。
[3] 推薦状または自薦状: どちらを提出しても選考に有利或いは不利は生じない。なお、推薦状を提出する場合は、卒後臨床研修を行った病院の、研修医の勤務状況を最もよく知り得る指導者によるものとする。
[4] 症例サマリー(20例): 卒後臨床研修中に経験した症例の中から、各自強く印象に残るものを選び、各例ともA4用紙2枚以内に、その症例の特徴が明らかになるよう記載すること。但し、個人が特定できる項目等は記さない等、記載には充分留意する。
(現在本院で卒後臨床研修を行っている者は原則[2]〜[4]の提出は不要とするが、各診療科(部)によって異なる。詳細は各診療科(部)に確認すること。過去本院で卒後臨床研修を行った者はCの提出は不要とする。)
↑Page Top

7.選考及び採否の発表について

選考は診療科(部)毎に実施し、採否をセンターで決定した後、郵送にて本人宛に通知する。
なお、電話やメール等による問い合せには一切応じられない。

↑Page Top

9.注意事項

(ア) 出願以降に氏名、現住所等の変更が生じた場合は、速やかにセンターに届け出ること。
(イ) 事前に診療科(部)に連絡した後、出願書類を提出すること。
(ウ) 一度提出した出願書類については返却しない。
↑Page Top

10.連絡先

〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 総合研修センター
FAX:03-5800-6937
e-mail:soken@h.u-tokyo.ac.jp
↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.