東大病院HPへ
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-3815-5411 FAX:03-5800-6937
HOME

総合研修センターとは TOPへ戻る

センタースタッフ挨拶

印刷する


副センター長/特任准教授


医師としての可能性を広げるために・・・


医学生の皆さん。病院実習・見学、国家試験の準備等で大変多忙な日々を過ごしていることと思います。また、ご自身の医師としてのキャリアのスタートをどこの病院で行うか、多様な選択肢の中で模索中の方も多いのではないでしょうか。医学生の皆さんには、是非本院の卒後臨床研修プログラムへの応募を考えていただきたいと思います。

本院は、その社会的使命として最先端の医療の提供、新しい医学を創生するための研究活動に加えて、医療・医学界をリードする多数の優れた人材の養成、輩出に一貫して貢献してきました。これらのミッションを果たすため、本院には本学の卒業生のみならず、広く意欲のあるさまざまな大学の出身者が集い、診療・研究・教育に熱心に取り組んでいます。規模と設備の面でもトップクラスの病院であり、極めて質の高いプログラムとともに、研修医の方々にとって魅力的な研修の場を提供していると自負しています。若い専門研修医から教授に至るまで、さまざまな世代の医師はいずれも教育に非常に熱心です。日常診療のちょっとしたコツから安全な医療の実現のための基本的姿勢、さらには先端の医療技術、医学知識に亘る各レベルに応じたいわゆる屋根瓦式の重層な研修システムが確立されています。

一緒に研修する仲間が非常に多いことも本院の特徴です。切磋琢磨する同期の仲間がいることは、大きな励みになることと思います。また、お互いに情報交換することによって、効率よく研修の質を高めていくことが可能になります。

専門研修プログラムも非常に充実しています。卒後臨床研修プログラムを本院で行うことでスムーズに専門研修に入っていけることもメリットの1つだと思います。将来の医師としての専門領域をまだ決めていない方も多いと思いますが、卒後臨床研修の2年間を通してご自分の適性をじっくりと検討することができます。多様な選択肢も用意されていますし、最適な進路に進めるよう総合研修センターとしては最大限の支援をしていきたいと思っています。

多くの意欲ある学生の皆さんが本院の臨床研修医に応募され、我々とともに医療の現場で働き、かつ学ぶようになることを願っています。是非皆さんも本院で研修され、医師としてのご自身の無限の可能性を広げていっていただければと思います。
総合研修センター 副センター長/特任准教授 江頭 正人
総合研修センター 副センター長/特任准教授 江頭 正人
↑Page Top


講師


医療人としての成長を応援します


医学生の皆さん。臨床実習や国家試験の準備等で忙しい中、医師としてのスタートをどの病院で行うか必死に悩んでいるのではないかと思います。卒後最初の2年間の臨床研修は、将来どのような診療科(部)を選択するのか、あるいは研究者や行政官を選択するのかに関わらず、非常に大切な期間になります。医学生の皆さんには、その重要な医師としてのスタートを、是非本院の卒後臨床研修プログラムで始めてもらいたいと思います。

本院で臨床研修をするメリットは、まず優れた指導医が数多く在籍していることが挙げられます。本院は、様々な分野において日本の医学界を牽引するトップクラスの医師を抱えています。エビデンスやガイドラインに基づいた医療が今後ますます重要となってきますが、それらの策定に実際に関わったスタッフから直接指導を受けられるのは、本院で研修をする大きな魅力の一つです。さらに、本院では初期臨床研修を終えたばかりの専門研修医から、それぞれの分野で20年以上活躍してきた専門医・指導医まで、幅広い世代の医師が皆さんの指導に当たります。本院のスタッフはいずれも教育に熱心であり、研修生活の乗り切り方から最先端の医学知識に至るまで、皆さんの疑問に対してそれぞれの知識や経験に応じて答えてくれるでしょう。

卒後臨床研修プログラムが柔軟で多様性に富んでいることも本院で研修を受けるメリットです。皆さんが臨床研修に求めるものはひとりひとり異なっているかと思います。地域医療も担う各協力施設との連携プログラムや大学病院における多様な診療科(部)での必修・選択研修など、研修医の様々な希望に応じて本院の臨床研修プログラムでは多彩な選択肢を用意しています。さらに、2年間の初期臨床研修の後に繋がる専門研修プログラムも充実しています。本院では、初期臨床研修を受ける皆さんに専門研修へのキャリアパスを積極的に支援しています。

共に研修をする数多くの仲間が出来ることも本院のメリットの一つです。本院には出身大学を問わず日本全国から高いモチベーションを持った多くの研修医が集まって来ます。共に成長し助け合うことのできる仲間との出会いは、研修終了後も皆さんの大きな財産になることでしょう。

2年間の本院での初期臨床研修は、皆さんの医師として人としての成長を大きく促してくれるはずです。本院では、医師のほか看護師・薬剤師・技師などのメディカル・スタッフが、研修医の皆さんが成長するのを応援しています。意欲ある医学生の皆さんが本院の卒後臨床研修プログラムに積極的に挑戦し、我々と共に働き、学び、優れた医療人として成長してくれることを心から願っています。
総合研修センター 講師  木村 光則
総合研修センター 講師 木村 光則
↑Page Top


特任助教・助教



東大病院で医師の歩みを始めませんか


本院での臨床研修を考えている医学生の皆さん、ここには皆さんそれぞれが思い描く自分の将来の医師像を叶えるための環境があります。現在皆さんは診療科(部)の選択とともに、臨床医、研究者、行政官、或いはもっと他の道とそれぞれの進路の希望を抱いていることでしょう。もちろん未定の方もいるでしょう。臨床研修は皆さんが医師の基礎を身に付ける期間です。臨床研修で得た知識、経験、技術はこれから医師として生きてゆく中でさまざまな判断の礎となります。

本院で研修を行う一番の魅力は豊富な人脈が広がることです。研修医を指導するのはそれぞれの専門分野の臨床や研究で第一線にいる医師です。国内有数規模の病院として多くの診療科(部)があり、専門医としてのみならず教育者としても熱心な指導医が数多く皆さんを待っています。カンファレンスや勉強会も数多く、密度の濃い研修を送れるように準備されています。また、研究者とも近いことが本院の特徴でもあります。基礎研究、臨床研究、公衆衛生、社会医学等、さまざまな分野の研究者が活躍しており、研修中からトップクラスの研究環境を身近に知ることができます。

また、研修医受入数も最多です。このため同期も多く、同じ環境で研修することで互いに刺激となり、また困った時には相談もできる良き仲間が得られることでしょう。そして、研修中に得られた縦横の人間関係は研修終了後も大きな力となることでしょう。

次に、設備や環境も研修を充実させる大切な要因です。本院の文献検索システムは非常に充実しています。大学病院の特性として、希少疾患や最先端の治療法等に接する機会も多く、必要時に豊富な文献に容易にアクセスできることは研修の質を大いに高めることだと研修を始めると早期に実感できると思います。また、技術訓練用のシミュレーターや教育用DVD等も準備されており、技術を身に付けるための設備も用意されています。

さらに、研修プログラムも種類が多く、弾力性が高いのも特徴です。皆さんそれぞれの希望に応じた研修を受けられるよう、複数のプログラムが設定されており、それぞれのプログラムの中でも選択肢が多彩です。研修先も本院、協力病院、開業医、僻地、行政機関といったさまざまな研修先が用意されています。実際の現場に立つことでしか得られない視野を是非広げていって欲しいと思います。また、将来の進路以外はこの研修期間でのみ経験する場合もあります。

将来どのようなキャリアを選択するのであれ、研修の中で患者に寄り添う医師としての心・技・体そして知識を身に付けて下さい。そして、本院での研修ではそれらが十分得られると考えています。
総合研修センター 特任助教 山田 奈美恵
総合研修センター 特任助教 山田 奈美恵

↑Page Top


”充実した指導医に恵まれた環境でしっかりと基礎を学んでいただきたい


医学生の皆さん、臨床実習や国家試験に向けて忙しい中、将来どの診療科に進むか、どの病院で研修を受けるか悩まれている方も多いと思います。

 研修の2年間は医師としての土台となるとても大切な時期です。3年目からは専門研修が始まりますので専門以外の診療科で基礎を学ぶことができるのはこの2年間だけといってもよいかもしれません。

 よい研修を受けるためには本人のやる気が最も大切ですが、充実した指導体制の中、たくさんの症例を経験することが重要です。そんな中で東大病院は症例が豊富なのはもちろんですが、人材も豊富ですので分からないことはすぐに上級医に相談できる指導体制が整っております。また、文献も容易に検索できるため、稀な疾患を担当した際などには日本語でも英語でもすぐに論文の検索することができます。

 分からないことをいい加減に終わらせて、ただただ日々の仕事をこなしていくだけで研修が終わってしまう人も多いですが、それではなかなか実力はつきません。一つの症例を無駄にせず、立ち止まって考えながら学んでいくことが大切です。本院では2年間様々な科をローテートすることでそれぞれの科の第一線で働く専門医より手厚い指導を受け、しっかりと基礎を学んだ後、今後の専門研修にすすむことができます。また、まだ診療科を決めてらっしゃらない方もいらっしゃるかと思いますが、東大病院ではあらゆる科をローテートすることができますので、研修をしながらゆっくりと自分に合った科を見つけることも可能です。

 研修プログラムも2年間東大病院で研修するプログラムだけでなく、1年間東大病院で残りの1年は協力病院で研修することもできます。大きな組織ですので本院では研修医の様々なニーズに応じた研修ができるのも魅力だと思います。

 2年間の研修で、優れた医療人としての礎を築いてもらえるよう、本院は応援いたします。志の高い先生方と一緒に働けることを楽しみにしています。
総合研修センター 助教 室野 浩司
総合研修センター 助教 室野 浩司

↑Page Top


東大病院で医師の歩みを始めませんか


来春医学部を卒業予定の皆さんへ。循環器内科所属、教育担当助教の中山幸輝です。研修制度も刻々と変わる中で初期研修をどこで行うかは重要な選択になると思われます。東大病院ではcommon diseaseはもちろん、他院から搬送されてくる重症疾患、希少疾患に至るまで幅広い症例を経験できます。各科において高度先進医療から終末期医療まで様々な治療の選択を行っています。大学病院という性格上、アカデミカルな雰囲気もあり、多くのスタッフが患者に最良の医療を提供するために日々様々な議論がされています。技術的な訓練や多くの症例を見ることも重要な初期研修の目標ですが、最初に「考える力」を身につけておくことは、後々の研修で非常に役立つものになると思われます。そして何より東大病院には多くの優秀な同期が集まります。優秀な同期を見習ってまた教えあって切磋琢磨できる環境がとてもいい時間だったと、初期研修を東大病院で行った昔を思い返しています。

総合研修センターで仕事をするようになって気付いたのは、様々な面でサポートする多くのスタッフに研修医が守られていることです。よりよい研修を行えるように病院全体としてどう工夫すればよいか日々考えてもらえる、という意味では他のどの病院にも負けていないと思います。来春多くの優秀な先生方にお会いできるのを楽しみにしています。

総合研修センター 助教 中山 幸輝
総合研修センター 助教 中山 幸輝
↑Page Top


恵まれた環境の下で有意義な研修生活を


 大学病院での初期臨床研修に皆さんは何を期待されますか。研修を教育、臨床、研究の3つに分けますと、その中では特に教育への期待が大きいのではないでしょうか。東大病院での研修は、その期待に充分に答えられる環境が揃っています。大学病院の専門科の多くはチーム制を取っており、皆さんはその中の一つに配属されます。チームでは指導医、上級医、後期研修医の下について綿密な指導を受けることが出来ます。一つの症例を掘り下げて調べる、病態を考えるというトレーニングは大学病院ならではです。カンファレンスではチーム間で症例の共有を行いますので、積極的に研修に取り組めば、多くの症例を経験することが出来るでしょう。

 臨床に関してですが、同期、後期研修医の人数が多いということは、手技を学ぶ機会が少ない事を懸念される方もいらっしゃるでしょう。確かに市中病院と比較して手技の機会が少ないことは否めません。しかし、シュミレーションセンターでは研修医で取得すべき手技を練習することが出来ます。そこで積極的に練習する事で、患者さんに丁寧かつ安全な手技を、自信を持って提供する事が出来るようになります。

 研究に関してですが、こちらは言わずもがなです。臨床に慣れてきた頃に上級医に相談してみましょう。その相談した上級医も含めて、各分野で第一線の研究をされている先生方が多く在席しておられます。是非、研究の門を叩いて下さい。

 最後に指導医や同期が非常に多いことから、初期臨床研修が終わった後にも皆さんが選択された診療科以外の専門科や、医療技官など多方面の分野にコネクションが出来るのも大きな強みです。かくいう私もお世話になった指導医や成長した後輩に幾度も治療方針を相談し、非常に有益な情報を得ることが出来ました。同じ様に皆さんにとりましても有意義な研修となります事を、そして研修後共に切磋琢磨出来ますことを切に希望しております。



病院長挨拶 | センター長挨拶 | センタースタッフ挨拶
総合研修センター 助教 井口 竜太
総合研修センター 助教 井口 竜太
↑Page Top

Copyright © 東京大学医学部附属病院 総合研修センター. All Rights Reserved.