本文へスキップ

新規医療支援分野創成の教育プログラム開発事業

TEL. 03-5800-8608

〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1

プロジェクト概要CONCEPT

プロジェクト方針

準備中


メッセージ

CEO

この度、東京大学医学部附属病院では「高度医療クラーク」の養成を開始します。「高度医療クラーク」は、医師が行っている様々な事務作業を分担できる人材を指しています。
現在医師は、カルテ、処方箋、保険関連文書、診断書、指示書、退院サマリー、患者説明・同意文書、手術記録、検査記録、臨床データ整理、データベース登録、カンファレンス資料等様々な文書を作成しています。「高度医療クラーク」は医師の指示に基づいてこれらの事務作業を広く担います。このため「高度医療クラーク」には一般的事務能力に加えて医学や医療の知識も必要になります。このため養成講座を開講し、一般医療事務に加えてより深い医学知識を中心に学び、「高度医療クラーク」として求められる能力を身に付けた人材を育てることを目標にしています。「高度医療クラーク」が活躍することで現在医師が事務作業に費やしている時間を短縮して医師の負担を軽減でき、また医師が医療行為により専念できるようになることを目指しています。


バナースペース

教育プログラム開発事業

〒113-8655

東京都文京区本郷7-3-1

東京大学附属病院

総合研修センター

TEL 03-5800-8608