HOME > 研究 > 東大病院の臨床研究

前のページへ戻る

東大病院の臨床研究

東大病院の臨床研究実施方針

東京大学医学部附属病院は、本邦の医学・医療を牽引する研究病院として日本発の革新的医薬品・医療機器の開発などに必要となる質の高い臨床研究を推進するため、以下の実施方針を掲げます:

● 患者・被験者の意思と健康・権利の保護を最優先します。
● 安全性に十分配慮して高い倫理に基づいた臨床研究を適切に実施します。
● 高度先進医療の開発につながる臨床研究を推進させ、革新的医薬品、医療機器の創出、
 医療技術の向上に貢献します。
● アカデミアの支援組織として信頼性の高い臨床研究を創生するため、すべての臨床研究
 を一元的に管理し、また東大病院で行われる臨床研究に加えて他の病院で行われる臨床
 研究を幅広く支援します。
● 臨床研究を適切に行う優れた研究者と医療人の育成に貢献します。
● 臨床研究の教育、支援並びにガバナンス体制の更なる充実を図り、病院スタッフが一致
 協力して臨床研究の適正な実施を推進します。

東大病院の臨床研究情報は下記の各情報バナーをクリックしてください。

東大病院の臨床研究実施体制

上記実施方針に基づき、下記の組織を中心として、病院全体で臨床研究に取り組んで参ります:

1.臨床研究支援センター
 臨床研究支援センターは、東大病院内で実施する治験を含む臨床研究の支援だけでなく、東大病院が主体となって実施する多施設共同研究なども支援する組織です。
 臨床研究を推進し、新しい医療技術を確立することは大学病院の使命です。また、臨床研究により科学的根拠(エビデンス)に基づく最適な医療を確立することも、人々の健康福祉と医学の発展に貢献する重要な位置付けにあります。
 臨床研究支援センターではこれらの臨床研究が高い倫理性と科学的妥当性を確保し円滑に実施されるように、研究開始前から終了まで支援しています。

臨床研究支援センター
 http://www.ut-crescent.jp/


2.臨床研究ガバナンス部
 研究倫理問題・研究不正を未然に防止し信頼のある臨床研究を推進できるよう、臨床研究の管理役を果たす「臨床研究ガバナンス部」を臨床研究実施支援部門と独立して設け、東大病院自身が率先して臨床研究を管理・推進する体制を構築しております。部内には「先端医療開発室」「臨床研究者教育研修室」「監査・信頼性保証室」を設置し、アカデミアにおける研究マネジメント体制、倫理教育体制、臨床研究の品質保証体制のそれぞれの強化を図っていきます。

臨床研究ガバナンス部
 http://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/clinicalresgov/index.html

臨床研究支援センター 臨床研究参加をご検討の方もこちらへ
 大学病院臨床試験アライアンス
 国立大学病院臨床研究推進会議
 臨床研究ガバナンス部