研究

HOME > 研究 > 22世紀医療センター_top > コンピュータ画像診断学/予防医学

前のページへ戻る

コンピュータ画像診断学/予防医学 講座

講座長挨拶

コンピュータ画像診断学/予防医学講座は、2005年5月に開講しました。臨床医学において画像診断が果たす役割は近年飛躍的に高まっている一方、画像診断機器の発達により患者から得られる画像情報量は指数関数的に増大しています。従来の診断方法ではこの情報量を十分に利用しきれていないだけでなく、画像診断業務量増大による医師への負担が大きな問題になっています。そのためコンピュータによる診断支援(CAD)技術の開発が急務となっています。本講座では、既に開発されているCADの基礎技術を実際の臨床画像に応用することによって臨床への橋渡しの役割をすると同時に、フィールドワークにおいてその有用性を検証しています。

また、昨今予防医学において高額の画像検査が用いられていますが、その臨床的有用性は一部の画像検査を除きこれまでに証明されていません。本講座では、今後の社会的な医療費の負担を正当化されるかどうかを判断するために、長期的な経過観察を含めた臨床研究を行っています。             

講座長 林 直人

 

概要

当講座では、検診で得られた画像などの生体データをデータベース化し、これを基盤とした予防医学的研究や画像処理、自動診断アルゴリズムの研究を行っています。

東京大学医学部附属病院は検診事業を受託しており、当講座はその実務を行っております。検診はコンピュータ画像診断学/予防医学検診部門(略称:画像検診部門)として中央診療棟2の9階で行っており、一般的な検診項目に加えて、先進的な画像診断法であるPET/CT(陽電子断層撮影/コンピュータ断層撮影)や超高磁場のMRI(磁気共鳴画像)、最新の技術を応用した超音波検査やマンモグラフィも導入しています。

当講座はフィールドワークとして検診を行い、その検診データを用いて画像解析の研究、および、それより派生する疫学的な研究を行っています。

<協力講座>大学院医学系研究科生体物理医学専攻 放射線医学講座
<寄付企業>株式会社ハイメディック/シーメンスヘルスケア株式会社

 

研究・実績

連絡先

住所:〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院 中央診療棟2, 9階
TEL:03-5800-9124
E-mail:cdrpm-adm@umin.ac.jp