HOME > プレス発表 > 東大病院とニプロ株式会社の共同研究総括契約について

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】東大病院とニプロ株式会社の共同研究総括契約について

  2019年04月08日

東京大学医学部附属病院(所在地:東京都文京区、病院長:瀬戸泰之、以下「東大病院」という)とニプロ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:佐野 嘉彦、以下「ニプロ」という)とは、革新的医療技術の開発を目的とし、共同ラボ運営のため期間を5年とした共同研究総括契約を2019年3月27日に締結いたしました。東大病院が企業との共同研究スペースとして整備した入院棟Bの13階共同ラボスペースを「次世代に向けた革新的医療技術・機器の開発」の拠点とし、東大病院は臨床系および基礎系の関連分野の研究シーズを結集し、ニプロは総合医療メーカーとしての経験を活かし、共同運営をいたします。今後、東大病院とニプロとの間で共同ラボ内での個別の共同研究課題を今年4月より就任した瀬戸泰之新病院長による新体制のもと順次策定のうえ、「個別共同研究契約」を締結し、「次世代に向けた革新的医療技術・機器の開発」を進めてまいります。

※詳細は添付ファイルをご覧ください。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。