HOME > プレス発表 > 世界初のIntelligent Image-Activated Cell Sorterを開発

前のページへ戻る

プレス発表

【記者発表】世界初のIntelligent Image-Activated Cell Sorterを開発

  2018年08月28日

―細胞画像の深層学習により高速細胞選抜を実現―

ImPACTプログラム「セレンディピティの計画的創出」の合田圭介プログラムマネージャー(東京大学理学系研究科化学専攻教授)が率いる研究グループは、細胞の高速イメージングと深層学習を用いた画像解析で細胞を高速に識別し、その解析結果に応じて所望の細胞を分取する基盤技術「Intelligent Image-Activated Cell Sorter」の開発に世界で初めて成功しました。さらに本技術を用いて、微生物や血液細胞をその形状や内部構造を指標として分取する原理実証を行い、本技術の有用性や汎用性が確認されました。この快挙は、超高速蛍光イメージング技術、10ギガビットイーサーネットによる高速データ処理システム 、マイクロ流体技術を活用した高速分取技術や細胞制御技術など、複数分野にまたがる異分野融合での大規模な共同研究によって達成されました。本研究成果は、2018年8月27日(米国時間)に米科学誌「Cell」のオンライン版で公開されました。

本研究は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)のうち、合田圭介プログラムマネージャーの研究開発プログラム「セレンディピティの計画的創出」で実施されました。

※詳細は下記のURLをご覧下さい。

【発表者】
合田 圭介(科学技術振興機構 プログラムマネージャー/理学系研究科化学専攻 教授)
新田 尚(科学技術振興機構 プログラムマネージャー補佐/理学系研究科化学専攻 客員研究員)
上村 想太郎(理学系研究科生物科学専攻 教授)
矢冨 裕(医学系研究科内科学専攻/医学部附属病院検査部 教授)