HOME > プレス発表 > 社会から期待される役割の達成をめざして

前のページへ戻る

プレス発表

【記者発表】社会から期待される役割の達成をめざして

  2017年12月13日

~新入院棟(来年1月より稼働)のご紹介~

この度、新しい入院棟が完成し、来年1月5日より運用を開始することになりました。建物の名称は、現在の「入院棟B」の名称を引き継ぎます。
建設にあたり、入院棟Aや各診療棟との有機的な連携を図り、高度な医療を実践するための「インテグラルホスピタル構想」を基本方針として打ち立て、下記のような10の基本コンセプトを定めました。東大病院の「臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する」という理念を実践し、「インテグラルホスピタル構想」を実現して社会に期待される役割を果たすため、教職員一丸となって診療・教育・研究に真摯に取り組んでまいります。

【(新)入院棟Bの基本コンセプト】
1. 高機能病床(ICU)の充実
2. 周産期医療の充実
3. 小児医療の充実
4. 診療科横断的な診療体制の構築(センター機能)
5. 感染対策
6. 超高齢社会に対応した病棟設計
7. 治験病床と予防医学センター(検診部の拡充)の設置と新たな展開
8. 教育機能と情報発信機能の強化
9. 職員、研修医のアメニティ機能の改善
10.災害医療の拠点としての機能