HOME > プレス発表 > 不整脈と生活習慣病の関連性を解析する臨床研究を開始

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】不整脈と生活習慣病の関連性を解析する臨床研究を開始

  2016年04月21日

-脈の揺らぎを自己管理するスマホアプリを公開-

このたび、東京大学と株式会社NTT ドコモとの社会連携講座として設置された東京大学医学部附属病院 22 世紀医療センター健康空間情報学講座では、Apple社 のResearchKitを用いて、脈の揺らぎを管理・記録するスマホアプリ「HearTily(ハーティリー)」を開発し、成人(20歳以上)を対象に、このアプリを用いた不整脈と生活習慣病の関連性を解析する臨床研究を開始しました。

「HearTily」はスマートフォンのカメラを活用して脈を検知し、脈拍を定期的に収集することによって脈の揺らぎを簡単に測定することができるアプリです。一般的に初期の不整脈は短い時間しか生じず、また数日に一回しか生じないため、健康診断時の心電図では捉えることが難しいものも多く存在します。

本研究では、参加者に脈の揺らぎを自己管理できるスマホアプリを提供し、日常生活内で1日1回、脈拍を記録していただきます。継続的に記録していただく脈拍の情報とスマートフォン内に記録される運動量等の生活情報を組み合わせた大規模なデータを解析することによって、不整脈と生活習慣病の関連性を調べることができるので、不整脈の発生を予測することへの応用に役立ててまいります。

※詳細は下記のURLをご覧下さい。