HOME > プレス発表 >  2 型糖尿病・糖尿病予備群を対象としたスマホアプリによる臨床研究開始

前のページへ戻る

【プレスリリース】2 型糖尿病・糖尿病予備群を対象としたスマホアプリによる臨床研究開始

  2016年03月14日

このたび、東京大学と株式会社NTT ドコモとの社会連携講座として設置された、東京大学医学部附属病院22世紀医療センター健康空間情報学講座の脇嘉代特任准教授、同大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻の相澤清晴教授らは、Apple社ResearchKitを用いたものとしては国内で初めてとなる2型糖尿病・糖尿病予備群を対象にスマホアプリ「GlucoNote(グルコノート)」による臨床研究を開始しました。

健診データに加えて、従来の臨床研究では収集することが難しかった、家庭などで計測した血糖値、血圧、体重、活動量などのデータと、食事や運動、睡眠など生活習慣に関する情報を継続的に収集することによって2型糖尿病患者・糖尿病予備群の健康状態と日常生活の関連性をより多角的に検討することができるようになります。

また、ユーザーにスマホを使った自己管理支援を提供することで、東大COI拠点(自分で守る健康社会 ~Self-Managing Healthy Society COI拠点~)が目指す「自分で守る健康社会」への貢献が期待されます。

※詳細は下記のURLをご覧下さい。