HOME > プレス発表 > 統合失調症の大脳皮質下領域の特徴を発見

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】統合失調症の大脳皮質下領域の特徴を発見 淡蒼球の体積に左右差がある

  2016年01月20日

大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、東京大学大学院医学系研究科精神医学分野の岡田直大大学院生、笠井清登教授らの研究グループは、統合失調症において、大脳皮質下領域に存在する大脳基底核のひとつである淡蒼球の体積が健常者に比べて大きいという既知の報告を再現するとともに、その健常者との差に左側優位の非対称性が存在することを、新たに見出しました。

本研究成果は、統合失調症における神経回路の左右差の異常を示唆し、統合失調症の病態解明の一助となることが期待されます。また、大脳基底核は動機づけや意欲などに関わるとされ、そうした障害により社会生活が困難となり苦しまれている当事者の方の病態理解や、治療開発への一歩となります。さらに、この発見は日本の37研究機関からなる認知ゲノム共同研究機構(COCORO)による多施設共同の成果として得られたもので、今後のさまざまな多施設共同研究の推進に大きく寄与するものと期待されます。

なお、本研究成果は国際的な精神医学雑誌Molecular Psychiatryの電子版に1月19日(火)(米国東部標準時)に掲載されました。

※詳細は下記のリンクをご覧ください。