HOME > プレス発表 > 「クラウド型12誘導心電図伝送システム」をドコモより商用提供開始

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】「クラウド型12誘導心電図伝送システム」をドコモより商用提供開始~ドコモと東大病院による共同研究成果~

  2015年01月15日

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と東京大学医学部附属病院(以下、東大病院)は、社会連携講座「健康空間情報学」(以下、健康空間情報学講座)を東大病院22世紀医療センター内に設置し、共同研究および実証試験を進めてきた「クラウドサーバー型モバイル12誘導心電図伝送システム」において、心筋梗塞患者のカテーテル治療により冠動脈血流を再開する(再灌流)までの時間短縮や、救命率の向上などに対する有用性を明らかにすることができました。

その結果を受け、2015年1月20日(火)より医療機関や自治体消防向けに本システムの商用提供を開始いたします。なお、商用提供については営業取次と販売促進を担うドコモと、医療機器販売免許を所有しお客様へ営業活動および販売を行う株式会社メハーゲン(以下、メハーゲン)、輸入業務を担当するメディカルテクニカ有限会社(以下、メディカルテクニカ)の3社で実施します。

ドコモと東大病院は、2011年9月の共同研究開始以降、「クラウドサーバー型モバイル12誘導心電図伝送システム」の開発および共同研究における実証試験を実施することで、心筋梗塞患者の再灌流までに要する時間を従来より平均30%の短縮効果が得られることを確認しました。これは患者の救命率および予後の向上に貢献できる結果です。また、この結果に関する学術研究発表を国内外で広く行い、医療的な安全性・有効性も評価されております。今後もドコモと東大病院は健康空間情報学講座を通じて医療をICTでサポートし、医療機関、企業、NPO、行政などとの連携により、生活者と医療機関をつなぐサービスの普及に取り組んでまいります。