HOME > プレス発表 > 前立腺がんに対するウイルス療法の臨床研究を開始

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】前立腺がんに対するウイルス療法の臨床研究を開始

  2013年05月15日

―遺伝子組換えヘルペスウイルスを用いた前立腺がん治療は世界初―

 東京大学医学部附属病院は、泌尿器科・男性科 講師 福原浩を総括責任者として、再燃前立腺がん患者を対象にしたウイルス療法の臨床研究を開始します。これは、がん細胞だけで増殖するようにウイルス遺伝子を組み換えた人工的なウイルスを使ってがん細胞を破壊する、新しいがん治療法です。用いるのは東京大学医科学研究所 教授 藤堂具紀らが開発した第三世代のがん治療用単純ヘルペスウイルスⅠ型のG47Δ(デルタ)で、現在、悪性脳腫瘍を対象にした臨床研究が本学で進行中です。今回は、ホルモン療法が効かなくなってきた、手術を受けていない前立腺がんの患者が対象です。遺伝子組換え単純ヘルペスウイルスⅠ型を前立腺の中へ投与するのは世界で初めての試みであり、安全性を調べるのが今回の臨床研究の目的です。

※ 詳細は下記の添付ファイルをご覧下さい。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。

再燃前立腺がんを対象にしたウイルス療法の臨床研究への参加
に関するお問合せ


東京大学医学部附属病院
トランスレーショナルリサーチセンター(TRセンター)
電話: 03-5800-9072 (対応時間:平日9時~17時)
ホームページ: http://trac.umin.jp/hospital/

※上記ホームページ内の「支援中のプロジェクト」より
「ホルモン治療抵抗性再燃前立腺癌患者に対する増殖型遺伝子組換え単純ヘルペスウイルスG47Δを用いたウイルス療法の臨床研究」
の項目をご覧ください。