HOME > プレス発表 > 鼻変形の治療用再生軟骨を開発し、世界初の臨床研究を開始

前のページへ戻る

プレス発表

【記者発表】鼻変形の治療用再生軟骨を開発し、世界初の臨床研究を開始

 2011年09月09日

― インプラント型再生軟骨で口唇口蓋裂による高度な鼻変形を治す ―

患者さんの耳からわずかな軟骨を取って、鼻のかたちの軟骨を再生させる技術(インプラント型再生軟骨)を、東京大学医学部附属病院顎口腔外科・歯科矯正歯科 教授 高戸毅、ティッシュ・エンジニアリング部 特任准教授 星和人(軟骨・骨再生医療寄附講座)らが開発しました。さらに、再生軟骨を口唇口蓋裂の患者さんの鼻に用いる、世界初の臨床研究がスタートしました。これまで、顔面の軟骨の変形や欠損を治療するためには、身体の他の部位の軟骨や骨を移植する方法などが行われてきましたが、鼻の高度な変形を治せるような大きな軟骨を採取することはできませんでした。この再生軟骨を用いることにより、耳の目立たない部位からわずかな軟骨を採取するだけで鼻の高度な変形を治せるようになると期待されます。また、この技術は耳の変形、気管の軟骨の欠損、そして将来は関節の軟骨の再建などに応用できると期待されています。

※ 詳細は添付のリリース文書をご覧下さい。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。