HOME > プレス発表 > 東大病院腎臓・内分泌内科 藤田敏郎教授が米国心臓協会Corcoran賞を受賞

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】東大病院腎臓・内分泌内科 藤田敏郎教授が米国心臓協会Corcoran賞を受賞

 2009年10月13日

~日本の研究機関在籍者では初の受賞~

 この度、東京大学大学院医学系研究科/東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科 教授藤田敏郎が、アメリカ心臓協会(AHA)高血圧部会よりArthur C.Corcoran Memorial Lecture賞を受賞しました。同賞は、毎年高血圧分野における優れた研究業績に対して授与されるもので、日本の研究機関に在籍する研究者の受賞は初めてとなります。
 今回の受賞は、これまで行ってきた食塩感受性高血圧の機序についての一連の研究が評価されたものです。

※詳細は添付のリリース文書をご覧ください。

 

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。